アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

アオハルを見守る声のお仕事

今回の上京は

ひとことだけのラジオCM収録のためだった。

案件の詳細は書けないが、とてもキュンとする内容だった。

たった20秒の世界なのにこんなに伝えられるのか!

といつもながら感心させられるラジオCM。

思い出してみて。

クラスメイトや同僚、そのほか誰でもいい。

共通の趣味を発見したときの喜びやときめきを経験したこと、あるよね?

今回のCMは、そんなふとしたシーン、そして心の距離が一気に近づく瞬間をみごとに切り取ったストーリーだった。

若い男女のやりとりに、28歳のワタクシ、胸がキューン♡

そして、最後にキャッチコピーとともにクライアント名を私がナレーション。

以上で20秒。

この制作会社はクリエイターの憧れる賞の常連さん。

笑ったりジーンときたり、キュンとしたり

毎回楽しみで仕方ないお仕事なのだ。

「ひとことだけなのに来てもらってすんません!」

いやいやいや、こちらこそ、たったひとことなのに交通費まで出して呼んでもらえて、なんと光栄なことか。

今回のクライアントさんはここ数年レギュラーのように担当させていただいているので顔馴染み。

最後に出演陣の写真を撮りたいとのことで3人並んだ。

「下間さん、真ん中で!」

アオハルの若い男女の間に入らされた(^^;;

「わたし、見守る母みたいになってるじゃないですか!」

一同笑

実際のナレーションは、見守るお姉さん?だったが、現実は母感ありあり(笑)

やっぱり、いつもながら楽しい現場に感謝です。

さて、お仕事のあとは耳ビジ関連の打ち合わせ。

なんと、あの方の事務所に初潜入しました!

どこかで見たことある背景(笑)

肝心の打ち合わせよりも、今朝の耳ビジでの話題のほうが多かったかも?

というのも

今朝、今週の著者 望月俊孝さんからすごいキラーパスが飛んできたからだ。

「それで、トヨコさんはいつ本を出すんですか?」

「へ?」

実は、昨夜の著者さんたちとの飲み会でも話題になったが

出版って、出すのも大変だけれど、出したあとはもっと大変だとわかってる。

裏側を知りすぎた私は、出版に対しての憧れは抱けない。

ところが

耳ビジリスナーさんたちはチャットに

「出して!楽しみ!おめでとう!」などなど次々と書き込みが。

さらには編集者の方から「やりましょう」との声まで。

ひーーーー(>_<)

嬉しいけど書くことないし。

もじトヨ発動(笑)

新人著者応援企画のゲストまさみんにも「みんながこんなに喜んでくれるのが嬉しくて、トヨコさんもみんなのために」

逆に励まされるという( ̄O ̄;)

そんなわけで、ゆげっちとの打ち合わせでも

「出版社はあーでね、こうでね、こういう違いがあってね」

めちゃ教えてくれた(笑)

あ。名前出しちゃった!

まぁいいか。

みんなの応援を受ければなんとかなるのだろうか。

私のこれからはどこに進むのか。

ごちそうさまでした。

こちらの記事もぜひ

秒で動く人

いざ、アビチャレ!

コメントを書く