アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ひやひやはらはら

トヨコの出版プロジェクト。

もう12月も半ばである。おいおい、大丈夫か?

昨日、岡崎かっちゃんに「コケル気しかしない」と言い放たれ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

確かに、人に頼らないと書けないなんて問題だよなあ、と考え、今日こそは時間を確保することに。

なんとか得意なところの5章は先日、自力で書いたが、まだまだ文字量を増やして、図も入れるといいよ

というアドバイスをゆげっちからいただいたので←やっぱり頼ってる(^◇^;)

今夜は企画とコンテンツを見直しながら加筆した。

こんな感じなので、執筆もひやひやするが

もっとひやひやすることがある。

編集長と編集担当の間でひずみが。

実は私もずっと引っかかっていた・・・

企画書がまだ正式通っていない

こと。

編集長はよくあること。というが

担当編集は初耳だという。

なんで今の時点で通ってないの?これ大丈夫?

そりゃ不安になるよね。

私も、どこか「まだ決まってない」というイメージが、自覚の欠如につながっている気がする。

このままでは空中分解しちゃう!

ヒヤヒヤハラハラ

この先どうなるの?

ストーリーは起伏があるほうが面白いらしいけど

いや、いらんから!

とうとう私から編集長に問いただし

彼の考えを理解したうえで、早く通してほしいとお伝えした。

あとは本当に通るのか。

さらに担当者が私を見捨てないか。

あーブルーだ。

でもね、今日も少しでも書こうと思えたのは

かっちゃんの厳しい言葉や、このヒヤヒヤハラハラした現状が糧になってるから。

早く書きたい。

そう担当者に伝えると

「それが一番です」と言われた。

これを書くかどうか?少し考えたけれど

私は最初に、すべてを見せていくと宣言して始めたので

このブルーな気持ちも書くことにした。

いつか笑い話にするために。

私を癒してくれるプレゼントをご紹介。

大槻美知子さんの「MUGENくるみ」と「グラノーラ」

今の季節は極シュトーレンがおすすめ!

私もオーダーしてます。

平野瑞江さんの北欧クッキー

見た目も可愛いし、プレゼントにぴったり!

カフェで食べられるシナモンロールが人気なんだって。あとワッフルも。

隣の袋は

三橋朋子さんのスノーボールクッキー

身体のための食事だけでなく、さらに美味しく!というのが彼女の素敵なところ。

50歳を回っているのにお肌つやぴかです!

クッキーペロリでした!罪(笑)

みんなお菓子や料理の専門家。

どれも無限に食べられそうな美味しさで

悪魔の食べ物だとも言える(笑)

しかし、心を癒し、幸せで満たしてくれるスイーツ。しかもみんな手作りで

エネルギーをいっぱい送ってくれるのだ。

こんな素敵な仲間がいて、本当に幸せ!

 

こちらの記事もぜひ

みんなの本

レインボーボイス

コメントを書く