アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

大人のあつまり

家族が集まる貴重な機会。お正月。

今日は例年通り姉の家へ。

と、その前に

初詣は今回いつもと変えて北野天満宮にした。

毎年松尾大社だが、今年は執筆の応援をお願いできるかも?と北野天満宮に変えたのだ(笑)

ところが

松尾大社と違って、山道が狭いため、すごい行列が(⌒-⌒; )

天満宮えぐい。

仕方なく、並ぶのはあきらめて

お守りとおみくじを買い

真裏からのお詣りにした。←これ、一説には表より神様に近いとも言われてる(笑)

新年のご挨拶なので気分的にはこれで落ち着いた感じだ。

お守りも無事買ったので

これでがんばらなきゃー!

さて

姉の家族とのひととき。

けっこうマメな姉のお節はこちら

忙しいのにねぇ。

たたきごぼうは母のレシピを引き継いで

山椒と胡麻を効かせた、他ではまず食べられない味。

姉家族とのお正月は、だいたいトランプしたりゲームしたり

ザ正月

なのだが、今年は甥っ子も社会人となり

それよりも会話の時間が長くなった。

というのも

甥っ子の今の仕事の悩みが大きかったからだ。

心身ともにくたくたになりながらも

「1年は続けへんとやばいやん」

真面目なことを言う。

職場の問題がいくつも明らかになると

「すぐやめても良いと思うよ」

思わずそう言った。

しかし、、、自分で譲れないところがあるのね。

いつのまにこんなにしっかりしたのだろう?

すごく感動したのは、両親に日頃から仕事の愚痴含めてよく話しているところ。

1人っ子だからかもしれないが、23歳になっても素直だなぁと思う。

去年、女の子に振られた話も、半分はネタにできているし

私がボケたらきちんと突っ込めるし!

なかなか良い青年ではないか!←叔母バカ

それなのに

「なんか、オレ、しょーもないことでキレることあって、それもたぶん仕事でストレスあるんちゃうかと思うねん」

客観視も出来ている!

素晴らしい。

今夜は私もたくさん話を聞いてあげて

求められたときには意見は伝えた。

大人になっていく甥っ子だからこそ、頑張りすぎたり、無理をしないでほしい。

また個別で飲みに連れて行ってあげたいなぁ。

彼は飲まないけど(笑)

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く