アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

他人の価値観

世界が違う。

最初は感じていたのに、徐々にそれが当たり前になっていく。

それを住む世界が変わったのだ。

と言うのか?

単に「人間が変わった」と言うのか。

価値観が変わると、人は離れていく。

それはそれで仕方がないことなのだと思うが

長年親しかった相手だと、寂しくなるものだ。

なぜこんなことを書くかというと

ある人が、私の知人の出版イベントに出たときの話。

そのイベント?パーティーを「つまらない」「高い」と感じたそうで

「プロモーションとはなんぞや」と思ってしまったそうなのだ。

うーん。

私も出版記念イベントにはいくつか出ているが、みなさんそれなりに会費を払っている。

私が企画した耳ビジ忘年会も、ゲスト扱いの人は無料だったり、スタッフは無料だったりするのでそれなりの値段となる。

確かに、昔なら値段設定にオロオロしたことだろう。

これも私が「変わった」のだ。

著者さんに会える!みんなと会える!

なんなら私に会える!

ならば、払いたい、払える金額はいくらなのか?

満足してもらえるにはどうするのか。

私は時間を長くして、1時間ほどのセミナーを付けた。

それいらない!という人もいただろうが

逆に言うと、招待するゲストには、なんらか働いて貰いたかった。

ちなみに、大阪も東京も交通費出して宿泊費も出して来てくれる方には

車代を渡す代わりに、それをそのまま忘年会の景品にしていただいた。

私もプレゼントを提供した。

しかし、、、どちらにしても、そこに集う人の中に価値観が違う人がいれば

批判の対象になるのだ。

「本当に行きたい人だけ来てくれればいい。」

これを徹底できなかったことが、根本的な問題なのかもしれない。

まだ書けてもいないのに、私の出版記念パーティーはどうしようか?と想像した(笑)

私の本業の仲間たちと、友達と、耳ビジの仲間たちは世界が違う。

みんなから愛されて喜ばれる人を目指す必要は無いが

やっぱり寂しいものだ。

今週の耳ビジでは、堀もとこさんの「悪口を言われても気にしない人の考え方」を紹介したが

ふだん気にしていなくても、さすがの私も

みんなに配慮できているだろうか。。。

と、気にしてしまうことはある。

自分が寂しいのと同じで、親しかった相手もまた、価値観が変わってしまったことを寂しく感じるのだろう。

今夜の二軒目はこんな怪しい路地のBAR。

連れて行ってもわないと入れない(笑)

素敵です!

 

こちらの記事もぜひ

レインボーボイス

記念日です

イケおじ

コメントを書く