アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

追い込み

かつて

「追い込み」

と言えば、競馬だった。

最後のコーナーで鞭打って、かつてない走りでラストのストレートをダッシュする。

そんな馬のかっこよさ。

今の私はその「追い込み」の状況、、、なのだが、ダサい(⌒-⌒; )

執筆が佳境に入った。

28日の脱稿に向け、せっせと書き進めている。

ここまで書いて、大きくダメ出しされては困る!と考え、先日、ここまでの原稿を編集長に見てもらった。

なんと、まさかのOK。

いや、もちろん、いま私になんだかんだケチつけても、筆が進まなくなるとわかっているのだろう。

それでも

大幅に方向性が違うなら慌てて

「トヨコさん!」と止めてくるはすだ。

まぁ少し安心できた。

今日は、日中、かなり集中して書き進めたり、書き直したりした。

夕方、家人がスキーから帰ってきて、指導員試験に合格したと言って色々説明してくるので

たまには話を聞かねば執筆している本の内容に相反すると思い(笑)傾聴することにした。

それで、夜はもう書くのはやめてしまった。

なるほど、よく著者さんが、執筆のためにホテルに籠る話を聞くがそういうことよね。

執筆の合間に、春からの企画も立てた。

ひとつはモデレーター育成講座の再会。

せっかく効果を発揮する講座なので、ここで辞めたくない。

やりたい人がいるならば、ぜひやろう、と考えている。

説明会もやるが、前回の説明会を聞いた人は

早々に申し込みしてもらっても良いかと思う。

申し込みはこちら

自信をもってお勧めするこの講座。

よかったら一緒にチャレンジしましょう。

そして、もうひとつ。

コラムニストの尾藤克之さんとコラボセミナーを企画した。

こちらはフォームができたらご案内したい。

出版の夢を実現させる協力ができれば嬉しい。

お楽しみに!

 

こちらの記事もぜひ

ゼロ秒

企画書は夢への一歩

著者ふう

コメントを書く