アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

コバショで繋がるハートフルストーリー

尼崎の立花駅にある小さなまちの本屋「コバショ」

小林書店。

5月末に閉店してしまう。

作家の川上徹也さんの本で知り、店主の由美子さんと仲良くなった私は

なんとかして、コバショのラストをテレビの番組で取り上げてもらいたかった。

これはnewsおかえりの「特集」にしてほしい。

担当デスクに話をして、OKをもらった。

あとはご本人の承諾を!

ここがハードルだった〜

なんと、テレビ取材はお断り!

えー(^◇^;)

他の局の依頼も断っているという。

電話で必死にお願いした。

あら、これ、なんか思い出すなぁ。

確か、東日本大震災のあと、岩手のホタテ王子を大阪のイベントにゲストとして迎えたときだ。

私が電話で熱く語り、OKしてくれたんだった。

今回も由美子さんは

「密着はしんといてな。」

というのを条件にOKしてくれた!

嬉しい♡

担当は若い女の子のディレクター。

今日は顔つなぎに彼女とコバショを訪問した。

さて

毎度、カワテツさんからも注意を促されているが

コバショに行く時は時間に余裕を!

甘かったー(笑)

お話が楽しく、ランチもご一緒して

次の仕事に支障が(笑)

でもね

ディレクターも、もっと早く知りたかったと言いながら帰って行った。

きっと彼女の感性で、短くとも良い特集にしてくれるかなと思う。

由美子さん。

あと1ヶ月あまり。

紅白の横断幕をかかげて、賑やかに72年の幕をおろしてくださいね。

ちなみに閉店前日5月30日には

カワテツさんと私のトークイベントをやります。

16時から。来てね。

こちらの記事もぜひ

軍師・岡崎かつひろ

大口受注の顛末

お祝い祭り

コメントを書く