アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

留守電のアクセント

あるディレクターさんの紹介で大阪の大手プロダクションのタレントさん(女性)と知り合った。
と言っても、まだ会ってはおらず、電話で喋っただけだ。

美しい声、美しい口調の端々に不思議な訛りがちょこっと登場する彼女。
これがまたお茶目な感じで、なかなか素敵な方だという印象を持った。

聞けば広島の出身だとか。
なるほど~
大阪弁とは違うもんね。

私:「じゃまた予定わかったらお電話ください☆留守電にメッセージ残してくださっても構わないですから」

てな話で電話を切った。

そういえば…
「留守電」の一言でも訛りがわかる。
東京では平板。大阪弁では中高だ。
私のアクセントはこれ↓


でもね、不思議なのは
「江ノ電」は中高が正しいでしょ?
留守番電話を略しても中高になるんじゃないのかね…
それとも、鎌倉の訛りで「江ノ電」が浸透してるのかな?(私は鎌倉出身)

こちらの記事もぜひ

あらたな仲間

懐かしの再会

catch the ボタモチ

コメントを書く