アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

禿げよもう一度

最近、やけにハマっている釣り(笑)

義兄から手作りの竿を。父からも釣竿を2本譲り受け、ますますやらねば〜!という状況に。←言い訳

今日は釣りの師匠たちに和歌山の筏釣りに連れて行ってもらいました!

けっこう風が強くて怖い感じ(^_^;)

と、思ってたら、筏に乗り移るとき、さっそくコケました(笑)

幸い尻餅だけで済みましたが〜。まだ左足も痛いのに危ないところでした(笑)と、笑ってる場合じゃないですけど。

さて、いただいた竿を使い、色々な仕掛けで挑む相手は、、、

カワハギ!

カワハギに拘るのには訳が。

それはまだ寒い季節のことです。師匠たちと共に同じく和歌山の筏に行きました。

みんな釣果が上がらないなか、私が釣り上げたのが、ビッグなカワハギ!おデブでいかにも肝がたっぷり入っていそう!

私はカワハギの肝がたいそう好きなのです!

しかし、なぜかその日、師匠の1人がそれを飲み屋の某氏にあげる約束をしてしまい、私は手ぶらで帰宅したのでしたT_T

そこまではまぁ良いとして、その肝を飲み友の某氏が食し「美味かった!」とLINEしてきたのがカチン!(笑)

あんたに食べさせるために釣ったんじゃないわよっ!

みたいな。

飲み屋の売り上げに貢献できたなら良かったけど、たぶん無料提供だったようなのです。

という理由で、それ以来

カワハギよもう一度!

を合言葉に?リベンジの機会を伺っていたのでした。

そして、今日。

義兄の手作り竿と、師匠が買ってきてくれたカワハギの仕掛けにより、、、

見事カワハギGET!!!!

「下間さんが釣れて僕も嬉しいよ」

前回、飲み屋に持って行ってしまった師匠が心の底からそう呟いてくれたのには感激しました(笑)

なにしろ、私に釣らせてあげたい!という一心で、事前に釣り方のテクニックを予習させる念の入れようだったのです(≧∀≦)

私は密かにそのテクニックも駆使しておりましたから、釣れた時の嬉しさも倍増でした。

努力し、結果を出す。

勉強の基本ですなー(笑)

さて、その後も雑魚が何度となく釣れたり、巨大なボラまでかかって危うく竿が折れそうになったりと筏の1日はあっという間に過ぎて行きます。

なんと、私の釣ったカワハギの数は5枚になっておりました!

あぁ、今日の夕陽は美しい。

あれ?ま、待てよ。

なんか切ない後ろ姿が。

あんなに私のことを気にかけてくれた師匠が、、、!

釣りとは厳しいものなのだ。

背中で語ってくれました(笑)

そして、今回のカワハギは無事私のお腹の中に。

釣れて行ってくれて、たくさん面倒を見てくれた師匠たちに。

ありがとうございました。

 

こちらの記事もぜひ

仕事なので。

逆ナンパ?

迷走中?

コメントを書く