アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

出来はともかく・・・

仕事でお世話になっているディレクターさんが主宰する
チャリティーうちわ展にエントリーした。

うちわ

杉の間伐材で出来たうちわに、好きなように絵を描いたりして
完成品を展示販売。

1枚1000円で買ってもらい、材料費などを引いた金額を震災の寄付に回すという。

この企画を聞いて、すぐ電話したのが甥っ子のかず君(10歳)である。

「かずくん、どう?やってみる?」

「うん、やるやる」

二つ返事で参加表明。

で、今日、姉達も含めて皆でうちわ製作に取り掛かった。

「ちょっと、かずくん、いつになったらやるのよ!」

やる!と言ったはずのかずくんが、どうも今一つ乗り気で無い。
子供はこれだから困るなあ。
なんて思っていたのだが、どうやら、企画内容を詳しく話したところ、ひっかかることがあったらしいのだ。

「大丈夫だよ!お母ちゃんが買ってくれるって」

「そういう問題ちゃうもん。僕の絵が1000円なんて高いし・・・」

「買ってもらうのが目的じゃなくてさ、募金が目的だもん。高いも安いもないよ!」

「でも、売れ残ったらいややなあ・・・」

ぶつぶつ言ってはいたものの、
私たちが製作を始めると、かずくんも外で友達をモデルにしてデッサンしてきた。
色をつけ出したら、うん、なかなか可愛いんじゃない?写真左

私も、無い頭とセンスを振り絞って、なんとか仕上げてみた。写真右

うちわ2

これは言い訳だが、実は私のは裏側が綺麗なんだよね~(笑)

この企画展はれっきとした芸術家も参加なさっているそうなので、
(恥さらしの作品(自分の)が一緒に並ぶのは嫌なのだが、ま、素人だし良いさ)
1000円募金と思って、是非買いに行きたいと思う。

ちなみに、我が姉は、身内びいきかもしれないがセンスのある人で、
シンプルだけど、結構素敵なうちわに仕上がった。
小さい頃から、姉は音楽の才能も、絵の才能も、習字も、文才もあった。

そのあたり、やっぱりいまだにかなわない。
姉の作品は、写真よりも実物の方が綺麗なので掲載しない。

NOMAチャリティーうちわ展

良かったら観に行ってみませんか?

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く