アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

びしょ濡れの狢たち

明日香村へ。

予報によると午後15時くらいから雨だそうな。

ま、その頃には帰るから良いよね。

それに、私たち「持ってる」し。

その「持ってる」発言の根拠はなんだ?(笑)

しかし、過去の経験からして漠然とそんな自信があったのである。

明日香村に到着し、電動アシスト付き自転車を借りる。

では散策に出発!

と、、、、

ポツリポツリ

まじか?!時刻はまだ11時である。

きっと俄雨だろうと、うなずき合って高松塚古墳を目指した。

ところが、、、走っている途中で、だんだんと雨脚が強まってきた。

そして、高松塚古墳に到着した頃には本降りに!

おいおいおい。話が違う。

今日の散策予定コースは

高松塚古墳からの、石舞台、棚田、案山子ロード&美味しいランチ!

の予定だったのだが、こんな状態だと自転車でウロウロすることさえ困難になってきた(笑)

急遽コンビニで合羽を買い、顔に叩きつける雨に目をしょぼしょさせながら走る。

もう自転車はやめよう!

駐輪場に停めて、このあとは傘を差して徒歩で移動することにした。

石舞台古墳。

案山子ロードは断念したが、彼岸花咲く棚田が里山の秋を感じさせてくれる。

カフェ「ことだま」もやっぱりステキな空間で、冷えた身体を癒してくれた。

しかーし!

最終的には自転車で駅まで走らねばならない現実!

再び合羽を着て、土砂降りの中を走る。

道路が冠水しつつある(⌒-⌒; )

ここまでひどいと笑えてきて、雨粒が口の中に入るのも気にせずゲラゲラ笑いながらペダルを漕いだ。

ようやく駅に到着すると、レンタサイクル屋さんが「まさかこんなにずっと降るなんて、予報もアテにならないですねぇ」と、気の毒がってくれた(笑)

それにしても、今朝のあの根拠のない「私たち持ってる」という自信はなんだったのか?

自分たちが面白くて、この合羽は想い出として大切にしようね、と笑ったのだった。

こちらの記事もぜひ

秋桜

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く