アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

1人相撲(貴乃花親方の話じゃないよ)

今朝、Facebookを見ていたら、知り合いがこんな記事をシェアしていた。

「郵政民営化前の定期預金は満期後20年で無効になるのでご注意を」

定期預金、、、?わたしも似たようなものを持ってたような。

慌てて通帳を見てみると

「定額貯金」

20年、、、ん?08年に入ってるけど、2008年かな?

しかし、よーくよーく見てみると

それは平成08年なのであった。

8に20を足したら、、、28。今は、、、平成、、、30年Σ(゚д゚lll)

その頃加入しているものが3種類あり、しめて170万円!

ぎゃーーーーーーもしや!これか?これが全部パーになっているのか?!

吐きそうになった。

ネットで色々な事例を調べたが、救済法は無さそうである。

チーン

どうしようもない。自虐ネタとしてFacebookに投稿するしかない。みんなも気をつけて!と注意喚起しよう。。。

予想以上にコメントが寄せられ、私も少し前向きに考えられそうな気がしてきた。

そういえば、ZOZOの前澤社長は、お金は使ってなんぼ。使ってるうちに増えると言っていたそうだ。ただし使い道はじっくり考えてから。

これを機に前澤社長のように月を目指そう!

とまぁ、しょーもないことを言いつつ、郵便局へ行った。

かろうじてまだ期日前の定額貯金を解約してやるのだ!郵便局なんて嫌いだ。ゆうちょ銀行も解約だ!

あのー、これがもう無効だと今朝知りまして。無効になってないやつを解約しようかと。

通帳を差し出すと、局員さんは

「ほぁ、、ではお調べしますね」

平然と答えた。

なんだよ。私のこのガッカリ感を感じとれよ。気の毒そうな顔しろよー。などと心の中で呟きながら待つ。

「お待たせしました。こちらは10年満期の定額貯金なので、期限まではまだありますが。解約でよろしいのですか?」

ん?え?な、なんて?いまなんて?!!!!

もう窓口を乗り越えんばかりの勢いである。

「いや、10年満期なのでまだ、、、」

ということは、無効、、、じゃない?

「大丈夫ですよ。でも、忘れないうちに解約で良いですかね?」

はい!はいはいはい。もう解約で、全部!

全部解約するとかなりまとまった額にはなる。

すると

「現金でお持ち帰りになりますか?危ないし、もしゆうちょ銀行の口座があれば」

あります!そこに入れてください!

おい、わたし。ゆうちょ銀行も解約するんじゃなかったのかい?(~_~;)

しかも

「普通預金に全部入れるのもなんですし、期限が無い定期預金に入れたらどうです?1年後には払い戻しできますし」

そうですね!はい、はいはい!

おいっ、わたし。また定期預金するんかい(~_~;)

かくして、みんなに気の毒がられたり(中には笑ってた人もいたが)心配されたのに、すっかりお騒がせな奴になってしまった。

ところで、170万がパーになった!というところまでの話を友達にLINEしたら

「きっとみんなご馳走してくれるよ!」

と励ましてくれた。

しかし、本心からそのとき私は思っていたのだ。

こういう大損したときこそ、他人にご馳走したい。

と。

なんだろ、この感覚。ヤケクソ?

憐れまれるのが嫌で、逆に「えええ?」と言われたいような。

その方が面白いし(笑)

ところが、ひとたび失ったはずの170万が戻ってきたとなると話は変わる。

大切に使おう。

でも、多少の贅沢はアリかな(笑)

こんなプチ贅沢品買いました。

小さな小さな長野の松茸。

近々岩手のも届きます(笑)

こちらの記事もぜひ

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く