アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

あるあるをやる

教え子のオーディション課題の収録に行った。

お世話になっているスタジオでやらせていただく。

いつもは自分がブースの中にいて、ディレクターさんがディレクター席に座り、

「トークバックボタン」押しながら私と話したり

収録が始まったら

「キューボタン」を押して指示を出す。

この「トークバックボタン」と「キューボタン」

隣同士にあり、トークバックボタンは白。キューボタンは赤。

ブースの中にいるナレーターは、トークバックボタンを押されると、ヘッドフォンからディレクターさんの声が聞こえてくる。

キューボタンを押されると、机の上にあるランプが赤く光る。それを確認して読み始める。

さて、前置きはここまで。

よくあることなのだが、ディレクターさんがその2つのボタンを間違えて押すのだ。

私と喋るためにトークバックを押しているつもりで、キューボタンを押すので

何やら話しているようだが、まったく聞こえず、赤ランプが点灯しっぱなし。

かと思えば、キューボタンを押すべきタイミングでトークバックボタンを押している。

ヘッドフォンから「カチッ」という音が聞こえてくるので

あー間違えて押してるわ(笑)

とわかり、もう「間違えてますよ」とか言ってわざわざ収録を一旦止めるのも面倒だからスルーして読む。

しかし、間違えて押してることにずっと気付かない人もいて、最後まで何度も何度もトークバックボタンを押されることもある(⌒-⌒; )

という、ナレーターあるある。ディレクターあるある。

なのだ。

まったく、ボタンを押し間違えるディレクターさんの気が知れないわぁ(笑)

と、ずっと思っていた。

ところが。

話は戻る。

今日は教え子のために、私はディレクター席に座った。

そう。この話の展開から言って、私が同じ失敗をするわけだが、まぁまぁガッカリする出来事なので詳細を。

ということで、

教え子の収録の時は、私がディレクター役としてトークバック、キューボタンを押すことになった。

ふふん。私はボタンを押し間違えないわよ。自信たっぷり。

順調に収録は進む。なかなか良い読みをしている。この前よーく指導した甲斐があるってもんだ。うむうむ。

と思っていたら!課題のひとつでつまずいた(~_~;)

うーん、今のはもう少しナチュラルに読んだ方が良いんじゃないかなぁ。

その場で指導せねばならなくなった。

トークバックボタンを押す。

ねぇ、T君。今のだとあそこがこうで、ああなるでしょ?それだとこっちがこうなっちゃうし、今ひとつ伝わらないんだよね。だからあっちのああいうのをこうして、ああする方がわかりやすいと思うの。で、ああして、こうして、、、、

熱い指導を繰り広げる私。

で、ここをこんな感じで、、、

ん?T君?

必死に説明しているのだが全く反応が見えないT君。

こら、聞いてるの?

と、相手を思い切り疑ったところで

気付いた(>_<)

げ!ずっとキューボタン押して喋ってた!!!

そりゃ向こうには聞こえないわ( ;∀;)

T君にしたら

「なんで赤ランプがずっと点灯してるんだろなぁ、、、」

と思っていたに違いない。言えよ!間違え押してますよって!

めちゃ一所懸命説明したのにー!←自分が悪いんだけど

あるある。やっぱりやっちゃった(笑)

これからはディレクターさんが間違えても温かい目で見よう(笑)

キューバ土産でステキなブレスレットをいただきました!

「シモツマーナに似合う!ってすぐ思ってん」

だって♡うん、ほんとに似合ってました(笑)この色大好き。ありがとう。

こちらの記事もぜひ

コメントを書く