アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

お好みに合わせます!

なにわ男子のコーナーナレーションの読み方を新しく変えた。

ことの経緯はhttps://altovoice.net/blog/7057

ここでご覧ください。

で、今週オンエアされたものを聞いて

「ありっちゃぁ、あり」

という印象を自分では持った。

だが、私が無理して読んでるはずであろうことは、知り合いならわかる(⌒-⌒; )

なので「好みではない」という感想もあった。

で、来週の収録のためにプロデューサーさんたちに確認しようと、今日出勤してから聞きに行った。

ちなみに、上田アナは

「誰かわからなかった。下間さんだったの?!」

とのことだった。

まずコーナー担当のYさん。

「良かったっすよ!実はこっちの方が良いじゃない、と何人かから言われて。」

もう少しキャラを変えることも可能なんですが。

と、私が言うと

「いやいやあれが良いです。あ、例えば星いくつ!のときだけ、もっと冷たくとか?そーゆーのはあっても良いと思います」

ひゃーまずはひと安心。

さらにプロデューサーHさん。

「ほんますみません。下間さんやったん全然わからへんで、あれ誰?って聞いたんです」

実は、Hプロデューサーの話は、先ほどのYさんから、もう少し具体的に聞いていた。

「Hさんが、ナレーター変えたん?下間さん大丈夫やったんか?」

と言ったそうな。

なるほど。

下間さんから相方ナレーターOさんに担当を変更しようかどうしようか?と、Yさんはプロデューサーに相談していたのだろう。

変更と言えば下間さんが気を悪くするのでは?とプロデューサーは心配していたはず。

だから

「下間さん大丈夫やったんか?」

と言ったのだ。

で、Yさんは

「いえ、あれ下間さんなんです」

と答え

「えーーーー?!」

と、驚いた。らしい。

他にもご意見をいただいた。

今日の相方さん。「こっちのほうが好き」

いつもお世話になっているデスクのI さん。前のと両方聞いた上で

「両方良いですよ。下間さんらしく聞いててわかりやすい。今回のは可愛いけど、下間さんがしんどくないかな?とは思います。」

おっしゃる通り!

そう。そりゃー、裏声で喋ってるからラクではない。

でも、読む量で言えば正味5分程度かな。

「私たちは下間さんの本当の声を知ってるからそう思うけど、知らない人からしたら気にならないと思う」

という意見もいただき

よし。では、番組としてのご希望に沿うために、あの声の精度を上げて、かつ、もっとあの声のまま色んな表現できるように頑張ろう。

聞いてて違和感減るように、サラリとやれるように。

二十歳過ぎの頃は、色んな声を出すナレーターになりたかった。

でも、ニーズが低音だったので、それを売りにするようになった。

私が色々な声を出すことを知っている人もいて、たまーにハイトーンや可愛い声で!などとリクエストされることがあるにはあったが

この歳になって遊ばせてもらえるなんて!

有り難いことです!

若い頃、いつもハイトーンで頼まれるナレーションがあって、そのディレクターさんが

「低い声の人が高い声を出すから良いんだよ。高い声の人が出す高い声は耳にうるさいからね」

と言っていた。

あの言葉、今も心に残ってる。

あの人、どうしてるかな。

今日のランチはしまなみフレンチのスペシャルカレー!

☆「和牛スパイスカレー 山椒と八丁味噌のアクセント」
和牛のリッチな旨みを
山椒と八丁味噌で仕上げたスパイスカレー

「欧風シーフードカレー」
愛媛の海で獲れたイカ、エビ、カニを使った
贅沢な欧風シーフードカレー

あいがけいただきました!

うまうまー。

食後に喫茶店へ行き、コーヒー飲みながらあれこれお喋りして私は大阪駅へ。

環状線に乗らなきゃいけないのに、気づいたら癖で京都線へ行きかけて

やば!あぶなっ!

仕事前にプライベートランチすると危険ですね(笑)

 

 

こちらの記事もぜひ

秋桜

流行りに乗る

オトナな2人

コメントを書く