アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

こどものように。

私が関わっている被災地の仮設住宅の女性が作る手仕事品「まごころ*花プロジェクト」

発足当初は岩手県の大槌町で作られていた。
今は釜石中心。

その大槌町での活動の世話役をやっていたのが、去年、レコード大賞の新人賞を獲得した
臼澤みさきちゃんのママだ。

とても明るくて素敵な女性だった。
知り合ったときは、まだデビューは決まってなくて、
その後あれよあれよという間にデビューして、ママは忙しくなって手仕事品の方はできなくなってしまった。

去年の8月。
釜石であった三陸海の盆というイベントで
デビューしたてのみさきちゃんが登場。
私が司会していたこともあり、ママとも再会できた。

みさきちゃんは本当に透明感があって、お話もしっかりしていて、もちろん歌も上手。
民謡で鍛えたから、歌唱力はお墨付きだ。

そして、今日、またみさきちゃんとママに会うことができた。しかも大阪で!

おおさかパルコープさんほかの主催で復興支援チャリティーコンサートが開かれて
そこにおじゃましたのだ。

ショートヘアにしたみさきちゃん、とっても爽やか?
お喋りもますます上達して、歌うことを喜び、感謝の心をもっているのが伝わってくる。

あー、今日、ここに来られたのも、ボランティアを通じて知り合った大切なご縁のおかげだ。
ほんとに有難う。

「会場にいる皆さんはもう、みさきちゃんのことを子供のように思って応援してると思います」

というようなことを司会の方が言っていたのだが
ほんとそう。

歌、がんばってね。いつまでも純粋な気持ちを忘れないでね。また大阪に来てね。

子供のように、家族のように、心から応援したいと思う。

・・・・っていう気持ち、AKBのファンの皆さんもそれの数百倍大きな応援の気持ちなんだろうか?
わたし、こういう風に応援したい歌手とかいないから、これまでよくわからなかったんだけど。

これまた良い経験をさせてもらいましたヽ(*´∀`)ノ
ぜんぶぜんぶ有難う。

みさきちゃん

みさきちゃんのサイン

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く