アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

始まる。または始める。

かねてから依頼されていた新しいお仕事が始まった。
とても興味深いものだったので、久しぶりにちょっとドキドキしながら出かける。
私に何を期待してご指名に預かったのかしら?

・・・出たよ~案の定、ち~と無茶な、難しいリクエストが( ̄▽ ̄;)

ナレーターにとって、いちばん難しいのが「素」である。
「プロっぽくない感じで、あんまり上手くなく・・・でもその美声で←自分で言ってませんのであしからず」

「お上手でございます」ってしゃべりは、あんまり目指してないけれど、
「プロとしての表現力」とか「声」「滑舌」は長年鍛えちゃってるからね。。。

どうしても素人の声では無いからなあ。

「はあ~~~とにかくやってみます・・・」

何種類か試してみて、そのうち「うん近い近い」「うん、それで良い!」って許してもらって(;´Д`)
なんとか終了。

チェックしてみたら・・・
うん、なんか、下手(笑)ってことはこれでいいのかね。

1部分、少々上手すぎるところがあったので、もう少し下手に読み直し。

なにやってんだか(゚∀゚ )

まだ試行錯誤のところはあるけれど、せっかくいただいた新しいお勉強のチャンスなので
ちょっと工夫してみたいな。

明日は晴れる

それにしても不思議だな。
何かの終わりのときが次から次へとやってくるように
何かが始まるときもまた、立て続けにやってくるのは何故だろう?

私はいつだって受身姿勢では無いので、
「始まる」のではなく「始める」という意味が強いのだが
「始める」にせよ、一人でできることではないので、やはり自然な流れなのだろう。

仕事だけでなく、他のことでも、今日1歩の瞬間を迎えた。

これから時間をかけて大切に取り組んで行きたいな。

おら、おらおら、ぱぴちゃん。
あんたはいいね~。気持ちいいかい?掃除機大好きの変態にゃんこ(^O^)

変態猫

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く