アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

続けたくても続けられないことがある

継続が特技。

これが私の自慢である。

「継続」していることの中のひとつが、うっかりBARだ。

2013年の7月末にスタートしたから、今年で10周年。

これ、かなりメデタイかも。

今日、うっかりBARに2人の男女が訪ねてきた。

「5月から私たちが管理します」

管理するのは、この店だ。

うっかりBARは、そもそも「セカンドラボラトリーBAR」というのが大元の名前で

そのグループ内で、曜日ごとにオーナーが独立運営している店があり

月曜日は私のうっかりBAR。

その大元のセカンドラボラトリーのオーナーが店を他の人に譲ったのだ。

事前に聞いてはいて、今日は挨拶に来てくれたのだが

予想外の話だったので少し驚いた。

新しいオーナーとしては、ここをランチ営業もするお店としたいとのこと。

曜日変わりBARではなくなるという意味だ。

これ、私に出て行けって話だ。

もちろん他のオーナーもなのだが、1番長くやっていて、1番営業していて、1番この店を活用し、売り上げを上げているのは私だろう。

「月曜日はこのままにして、私たちの店を定休日にしても良いとは思っています」

そうおっしゃるが

「場合によっては月曜日も営業したいかなと」

ほらきた!

「うちの店で使う食器は、これまでと違って特別なものになるので、管理のほうも、、、」

いや、そりゃそうだよね。

しかし、こちらは7月までイベントをここでやる約束もあるし

どうしよう。

10年やってきたこの店。

いつかは終わるだろうなと思っていたけれど

こういう形になるのか。

まだ実感はないし、辞める日が決まったわけではないけれど

まぁ、仕方ない。

今夜はまたまた18歳の若い女の子が来てくれて(もちろん飲まない)色んな話ができてとても楽しかった。

朗読の生徒さんからはお伊勢さんのお土産をいただいた。

そこでしか買えない白黒の赤福だって。

色んなことがあったうっかりBAR。

全国うっかり協会の聖地でもあるが(笑)

さて、7月の10周年はどうなるでしょうか。

 

こちらの記事もぜひ

居心地の良い飲み屋

デヴィ様の生き様

石よサヨウナラ

コメントを書く