アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

モデレーターを育てました!

今年も色々新しいことにチャレンジしている。

そのひとつが

「モデレーター育成講座」

耳ビジリスナーさんのスピーチ力が上がるよう、ちょっとアドバイスしようかな?

そう考えて「スピーカーチャレンジ」を始めた。

そのうち

せっかくだし、もっと教えてあげたいなぁ。

と、お節介心が湧いた。

ファシリテーションとか、モデレーターとか、もしかしてニーズあるかも?

半信半疑で講座を開いたところ40人が受講してくれることに。

6月からの3ヶ月。

スピーチ、傾聴、質問、理解、まとめ、まわし

こんな内容を6回の講座で伝えてきた。

そのモデレーター育成講座。

今日、めでたく最終回を迎えた。

1時間の講座(実際には2時間)をたった6回で上達するのはそもそも無理である。

ただ、私が考えたのは

いかにして自主練で受講したことの何倍もの成果を出すか?

だった。

はなから自主練ありき、の講座スケジュールだったのだ。

みんな予想以上に頑張ってくれた。

アーカイブを聴くと、どんどん上達し、しかも「楽しそう」

話すことやインタビューが楽しいと気づいたようだった。

仲間もできた。

これはモデレーター力よりも嬉しい副産物かもしれない。

今日は最後におさらいをかねた、今後の自主練の仕方を教え

3ヶ月の講座は終了。

あとは、耳ビジオーディションを開催して

耳ビジを作っていく仲間が増えるとよいな。

いつも不安になる。

これで良いのだろうか?

いや、みんながその答えを教えてくれるはず。

せっかくだから覚えたことは実践してね!

 

こちらの記事もぜひ

引き寄せ

トークライブ

コメントを書く