アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

初めての女。マーサ

私の初めてのセミナーのきっかけをくれた女。マーサ。

略して「初めての女。マーサ」

彼女の初出版記念(4年遅れだけど)を7月22日に東京で開催し

その後、重版が決まったことで

「大阪でもやろうか」

となった。

1回目の話の顛末はこちら

マーサは大阪には縁がほとんどないので、正直なところ、さぞかし不安だったことだろう。

一方で「とよっちのセミナーだし集客は大丈夫だろう」と、余裕をかましていたかもしれない(笑)

世の中そんなに甘く無い!

ただ、早めに募集をかけたので、今回は色々と工夫をする時間が出来たのが良かった。

ある日、ポエムでマインドフルネスしたあと、いきなり閃いた。

「子どもにも来てもらいたい!」

そうだ。このセミナーは大人だけでなく子どもにも受けてもらいたい。

無料で招待できないかな?

興味はあるけど、子どもがいて行けない、、、という人にも来てもらえるのでは?

「声のポジトレ」は、ぜひ子どもに親しんでもらいたいコンテンツだ。

大人の脳を変えるトレーニングを、と考えて作ったものの、子どもの頃からやれば、もっと良いはず。

ユーモアコミュニケーションだって同じ。

今回、子どもを対象にしてセミナーをすれば

マーサも私も新しい展開ができるかもしれない。

そこでマーサにお伺いを、、、、。

マーサによると、最初は戸惑ったそうだ。

それでも、私を信じて、一緒にチャレンジしてくれることを快諾してくれた。

とはいえ、子ども連れの集客もけっこう大変だと、のちに気づいた(笑)

「良いセミナー内容ではあるけれど高い」と言われたことが何度かある。

子育て真っ只中の人には厳しいか!?

果たして・・・

 

会場、満席でした!

私たちを抜いて、大人35人子ども12人。

賑やかだったぁ〜めちゃくちゃ盛り上がった!

終始笑いっぱなし。

最初は緊張していた子どもたちも、笑って楽しくワークしてくれて。

終わったあと

「これは小学生にぜひやってもらいたいです!」

何人ものお母さんが言ってくれた。

わーやりたいなぁ。

そして、私1人では無理だから、できる人をチームにするとか。

先生向けにまずは指導するとか?

大人たちからも

「元気が出た」「一年分笑った」

そんな感想をいただき、私たちも全力でやったが

嬉しくて「さーいこー!」←ポジトレ風

自信にも繋がったと思う。

私にはやりたいこと、やらなくてはいけないことがたくさんある。

欲張りだけど、ぜんぶやりたい(笑)

1人きりではない。と漠然と感じている。

なぜか、私のやることについて来てくれる人がいるような予感がある。

兄弟で参加してくれた人の弟のほうが

最後、いきなり私に抱きついてきた。

それを見たお兄ちゃんが

「いつもすごい人見知りなのに」

と、つぶやいた。

今日は子どももいるし、明るい色の服にしようか?迷ったけれど

おでこ全開のスタイルにしたので、黒にして、アクセサリーのみピンクを入れることにした。

そっか。子どもは服装で印象を決めていないのか。

一番小さい4歳の男の子も

「大好き」と言って、私の似顔絵の切り絵を作ってくれた。

おでこと眉毛を変えたら、人気運爆上がり?(笑)

やったね!

マーサの黄色は主役感あっていいね!

こうして

マーサのお陰で、私の「初めて」が無事終了した。

スタッフをしてくれた、まさみっちゃん、かよねぇ、たけぴー。

ありがとう!

ご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

さーいこー!!!!




こちらの記事もぜひ

離れる。交わる。

チャーンス!

玲子叔母さんへ

コメントを書く