アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

マーサ&とよっちコラボセミナー

「これこそユーモアじゃないの?」

私がこう提案したのは今年の4月2日だったと記憶している。

あれから3ヶ月半。

今日は

草刈マーサ著【ユーモアコミュニケーション】の出版記念セミナー(4年前だけど)だった。

マーサはユーモアコミュニケーションのトレーナーをしていて、日頃からリアルやオンラインで講座を開いている。

マーサの言う「ユーモア」とは、ものの見方を変えるだけで、違って見えること。

かたい頭を柔らかくして、失敗もユーモアエピソードに変えれば心が軽くなる。

ということ。

そんなユーモアコミュニケーションのトレーナーであるマーサは話すのが得意だし、滑舌もいい。

なのに、去年の11月、私のグループボイトレに申し込んできた。

さらには、マンツーマンレッスンもスタートすることになった。

ある日のレッスン。

「本をせっかく出したのになにもせずじまいだったことが心残り」だとマーサが言った。

そこで冒頭の提案になる。

「今からやったら良いじゃない。4年前の初出版を記念してパーティーやったら?これこそユーモアじゃない?」

「えーー?」

最初は戸惑っていたマーサだったが

「パーティーではなくて、記念セミナーなら良いかなぁ」

「日にちによっては手伝ってあげるわよ。司会しようか?」

「ほんとですか!それなら都代子さんとコラボセミナーしたい。」

こうして、ユーモアコミュニケーションのマーサと、声のポジトレのとよっちのコラボセミナーの企画が生まれた。

「じゃ、7月22日に決定ね」

その場ですぐに日付も決めた。

主催はマーサである。

私はセミナー運営に慣れているが、今後のためを思い、マーサ自身で進め、経験となるように、あえてなるべく手を出さないことにした。

マーサは清水の舞台から飛び降りる覚悟で

SNSコンサルをまさみっちゃんに依頼し、7月22日に向けて、きっちりと導線を作り上げていく。

マーサはユーモアのセンスがある一方、根は真面目。

ひとつひとつ丁寧に積み上げていくタイプなのだ。

セミナーの案内文や、画像など、毎回私に確認してくるので私は添削したり提案したりする。

その度にマーサは「さすが都代子!」「なるほど!」

と喜ぶ(笑)

私も嬉しい。

どんな内容で進めるか?なども2人で話し合いながら決めた。

集客についてはマーサは20人か30人とイメージしていたが

「いやいやもっと来るでしょう?」

結果的に約50人。

マーサのライティングサロンの先生、山口拓朗さんや

耳ビジ著者のゆげっち、ナニメンさんも来てくれることになって有り難い限り。

そして、いよいよ4年遅れの出版記念セミナーが始まった!

冒頭は2人で軽くトーク。

そして

わたしの声のポジトレセミナー。

そしてメインイベント、マーサのユーモアコミュニケーション

見ず知らずの人のことを褒めるワークが1番難しかったかな(笑)

終始会場は笑い声に満たされ

やって良かったと改めて思った。

マーサ、もう一度この本を売ろう!

私も応援しまーす!

マーサの初出版本『ユーモアコミュニケーション』ご購入はこちらからどうぞ

ご参加くださった皆様ありがとうございました!

このあと、続きがあります。

2回目のセミナーを大阪でやりました!

続編こちら

こちらの記事もぜひ

向き合う時間

勇気

コメントを書く