アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

まだまだこれから

ボイストレーナーの方にボイストレーニングをして欲しいと頼まれた。

競合他社ってやつ?

私はそのあたり深く考えないので引き受けて、今日、初対面でトレーニングすることに。

これまで受けて来たのは歌のボイストレーニングだったそうな。

なにしろ、歌うことが大の苦手で、それを克服したかったらしい。

今では人前でも堂々と歌えたのだから素晴らしい成果である。

その人が、あえて私のボイトレを習いにくるのはなぜか?というと

これからはボイストレーナーとして仕事をしたいとのこと。

同じような人を救いたい!熱いのである。

あれこれボイトレを学んできた人なので、私の出る幕あるのかな?

と思いつつ

ロングトーンをやってもらった。

「あーーーーーーーー」

ははーん。そうか。

ごめんなさい。まだまだ伸びしろあります!

良いのか悪いのか?体の使い方も声の出し方も活用し切れていないので

響きが足りない。

昔の私のようなのである。

そこで、彼女にとっては今更だろうが、いつも通りのボイトレの手順で進めていった。

ところどころ飛び級しながら。

「こんなやり方あるのか?」

という感じで、戸惑いながらやっていくと

「アーーーーー」

はいはいはい。それですよ!

響きが加わった。

「自分の声じゃないみたい」

と言った。

面白いなぁ。

地声を通る声にするトレーニングは、アナウンサーやナレーターが指導するほうが早いかもしれない。

彼女も喜んでいたが、私もボイストレーナーに指導するという経験ができて嬉しい!

ポジトレも覚えたいらしいし(笑)

はいはい、どーぞ♡

夜は初めての店で、ちょっとしたお祝いを。

すき焼き専門店のコース料理。

紹介制のお店です。

二軒目は老舗バーでカクテル。

新地のバーは久しぶりかも。

コロナ前はしょっちゅう来てたよなぁ。

懐かしくほろ苦い想い出も蘇りました(笑)

こちらの記事もぜひ

レインボーボイス

記念日です

イケおじ

コメントを書く