アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

ラブレターの書き方

脚本家の今井雅子さんのプレミアム講座だった。

ビジネスにも活かせるラブレターの書き方を脚本目線で教えてくれた。

これがなかなか良かった。

まず、さすが脚本家!と思う、これまで受け取った素敵なラブレターと、逆の残念なラブレターを紹介してくれたのだが

お洒落で粋なラブレターばかりで、そんなメッセージをもらえる今井先生が素晴らしい。

気の利いたひとことの返しができるだけで、恋愛も、仕事もわくわくしそうである。

今夜、講座を受けている間に、私はムズムズと「ラブレター書きたい!」と思い始めた。

そして終わるやいなや、即書き始める。

で、明日朝のLINE公式のメッセージカードを使ったのだった。

今井先生が言った「好きという言葉を使わずに好きを伝える」という話に惹かれた。

文章の書き始めはすぐにうかんだ。

「今日ずっとあなたのことを考えていました」

あなた?

ここからが、講座の内容に関わる。

相手との距離、親近感を高めること。

共感を入れること。

そして、最後に聞いたこの言葉。

「いつか会いましょう」

ではいつまでも会えない。

いつか。

これを分解して使う。

「いつ会いましょうか」

ラブレターの完成だ。

すごく楽しい講座だった。

そして、即実践した私はやはり「テツアツ」(笑)

私のラブレターは、あすのバレンタインデーに

あの人に

贈ります。

たくさんのご参加ありがとうございました!

こちらの記事もぜひ

チャーンス!

ゼロ秒

玲子叔母さんへ

コメントを書く