アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

つもりな人

「あいつは挨拶の声が小さいねん!」

という、ある方の部下の話を聞いた。

確かに「言ってるつもり」ではあるが

相手には聞こえてない大きさの人がいる。

わたしの仕事も最初はそんなところから指導する。

客観性を持って、自分を見られないと、なかなか変わらないのだ。

わたしは既に職業病にもなっているが

いつもいつも自分の発した言葉を耳で確認しながら話している。

いま、滑舌が曖昧だった。

いま、支離滅裂だった。

など、口に出した直後に耳で確認しているのだ。

挨拶の声の大きさなどは、自分の声がどれくらい出ているかが理解できていないわけで

ビデオで撮影されたり、録音されたりして初めて我を知る。

そのうち、自分を客観視できるようになり

相手に投げかけられる音量になる。

と、思う。

 

かつて、わたしも師匠によく言われた

「表現してるつもり」

つもりで良いなら誰でもできる、と。

録音したものを聞き直すのが一番。

思ったほどできてなかった!よくあることだ。

 

今夜はお気に入りのリーズナブルな寿司屋。

近辺の人気店、春駒や寿司政よりだいぶいいとおもっている。

 

 

昨夜の肉も良かったけど、やっぱりわたしは魚だな(笑)

歳ですなー。

 

 

こちらの記事もぜひ

悲しい連鎖

鼻は健康ッス

今日のメイン

コメントを書く