アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

TwitterやらFacebookやら

HPを始めてから、TwitterやらFacebookやらついでにやり始めた。

いまや、毎日HPのブログを更新したら
mixiも含めてあっちこっち書き込みをして、更に、なんやかんや友達の書き込みを読んで、突っ込みを入れ・・・
故に、あっという間に時間が過ぎてしまう。

mixiはさておき
TwitterとFacebookは、久しぶりの人と再会できるなど思いがけず嬉しいことが起こることもしばしばあるのだ。

ところで、まだTwitterを始めたばかりの時、
とある会合で、某スタジオ社長と名刺交換した。
そして、Twitterをやり始めたと私が言うと、アカウントを教えてくださった。

その後、特別なやり取りをしていたわけではなかったのだが、
GWのある日、その社長さんがTwitterで、

「被災地ボランティアに行く」とつぶやいた。

思わず「帰ってきたら話を聞かせて欲しい!」と私がお願いすると、快諾してくださった。

そして・・・
今日、スタジオにお邪魔して、現地での活動の様子や、装備などのお話をたくさん聞かせていただいた。
私の出発は再来週である。

あのとき、たった一度お会いしただけの方だが、
Twitterを通じて連絡を取れて、とても実のあるお話を聞けたこと、本当に驚きつつも感謝でいっぱい。

この方だけではない。
昨日も書いたが俳句を教えていただいたのもFacebookの中での出来事。
仕事ではお世話になっていたものの、私的な話をする機会などこれまで無かった。

20年ぶりに連絡を取った方もいるし、
何しろご縁ができるというのは楽しいことだ。

そして、ソーシャルネットワークだけでなく、
人と人との繋がりで、助けてもらえることも当然あって・・・

被災地ボランティアも、そんな繋がりの中で安心して活動できるかもしれない可能性が出てきた。
まだ確定ではないけれど、
私の我儘に手を差し伸べてくださる方々に、なんとお礼を言っていいかわからないでいる。

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く