アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

大人の遠足!完全版!

ボランティア仲間のRちゃんの誕生日に「体験ツアー」をプレゼントするようになって、はや6回目。

最初は2人で行っていたのだが、去年は信楽焼体験に決めて、何気なく友達を誘ったところ9人が参加。←平日なのに(笑)

で、かなり面白いツアーとなったので、今年も企画!(私が独断で考える)

今回は電動ロクロが良いな、と思っていて、、、

ふと思い出した。

知り合いが親しくしている清水焼の窯元さんが信楽にいたな。と。

嘉祥窯

しかし、どうやら穴窯は信楽にあるものの、体験はやっていないみたい。。。

まぁ、ダメ元で聞いてみよう!

と、知り合い経由で問い合わせてもらったところ

特別にやってくれることに(≧∇≦)

そして、今日。

大人たち10人が集まり、2台に分かれていざ信楽へ!

旅のスタートは腹ごしらえから(笑)

教えていただいた近江米のお店で。

昼ビール旨っ(笑)もちろんハンドルはノンアルの2人に任せます!

鯖、ホッケ、鳥カラ、チキンカツ  どれも美味しい!

ご飯はお代わり自由♡なので、オプションでこだわり卵をもらい、トロロ卵かけご飯で締めました!うーん満腹!

眠気が出てしまったので、今度は腹ごなし。

信楽の自然を感じに行きます。

鶏鳴の滝です。

陽射しも出てきて滝がキラキラ☆マイナスイオンに包まれる〜

足が痛いのも忘れて(笑)山を歩きました!

そして、信楽焼のお店を見学しつつ、、、

いよいよ本日のメインイベント!清水焼体験へ。

嘉祥窯の4代目じきじきにご指導いただきます!

ロクロは2つ。みんなで順番に。

見ている間にコツがわかってくるので、ジャンケンで負けた人から(笑)

みんな思い思いの作品を作り上げていきます(写真自粛)

そして、ようやく私の番に。

まずは底を作るので穴ぼこに親指を沈めていきます。結構ぐいっと押さないと凹まない。

爪の中に土が埋まっていく〜(笑)

そして、そーっとそーっと薄く、高くしていきます。

実はこのあと失敗して、もう一度リテイクすることに(^_^;)

でも、ロクロはやっぱり感触が良い。

無心になれるのも良いですね。

そして、私も完成!

丼茶碗の予定です(笑)

どんな仕上がりになるか楽しみ〜!(1人仕事の都合で途中で帰ったので9人分です)

さて、メインイベントにはステキなオマケが付きます。

工房のとなりに古民家をリメイクしたお洒落カフェがあり、先生の奥様が作るタルトを食べられるのです!

昼間はお客さんの行列が出来る店ですが、既に閉店の時間。

ということで、貸し切り(о´∀`о)

キープしておいてもらったタルトをいただきます!

綺麗!サクサクで美味しい♡

4代目の作った食器で華やかな見た目も最高でした。

ちなみに写真右上の円相は画家の工藤村正さんの作品。

嘉祥さんに惚れ込んで信楽にアトリエを構えて暮らしてます。

私が来るのを聞いて、工房に会いに来てくださいました!

めちゃ気さくな村正さん。すごい画家さんなのを忘れてしまう(笑)

ゆったりとした空間で贅沢な時を過ごさせていただきました。

そして、ひと息ついた4代目にもお話を聞かせてもらい、、、

「あの、、、ホームページに載ってる方です、、、よね?」

ここで天然キャラこっこちゃんが仰天発言!

何言ってんのよー!当たり前でしょ!今日は4代目が特別に指導してくれたのよっ!

「えー!!!」

どうやら今日、特別にここ信楽で、特別に4代目が指導してくれていたことを全員わかっていなかった!

いやいや、ちゃんと連絡した企画案内の中に「特別に」と書いたはず!

とまぁ、たいへん失礼なことをいたしまして、改めて

森岡嘉祥先生にお礼を(笑)

あ、先生の写真が無いぞ!←これまた失礼!

じゃ、これを。

こちらもめちゃ気さく。すごい人なの忘れる(笑)

ほんとうにほんとうに素晴らしいひと時をありがとうございました。

仕上がった作品は私の誕生日宴会のタイミングで送ってもらい、みんなで品評会をする予定。

先生の選んだ最優秀作品には私からプレゼントを贈ります( ´∀`)

嘉祥窯の体験は、本来は京都の清水で受け付けていますのでどうぞ。

信楽のタルトは嘉祥窯のホームページで。

カフェensouです。

こうして大人の遠足完全版!無事終了、、、

ウソ!

更に大阪戻ってから飲みまくりました(笑)

こちらの記事もぜひ

有事

相思相愛?

コメントを書く