アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

今日の結論

今日は車の試乗に行った。

形が大好きだったボルボ。あの四角いフォルム。荷台の広さ。
それに代わる車はなかなか見つからない。

国産も含めて、なるべく四角い車を探すのだが、四駆のでっかいのとか、SUVっていうんだっけ?
あれはガレージに入らない。
となると、やはりステーションワゴン。

でも・・・どれもピンと来ないのよね。

よく、美人は3日で飽きる、というけれど、
やはり、好きな人なら、多少の我儘も許せるだろうし。
え?何が言いたいって?

要するに、手がかかって、お金がかかったボルボだけど、好きだったから大事にしてきたのだ。
今度買う車も、
直観で、「好きだ~!!」ってなった車を是非買いたいと。
好みも価値観も人それぞれ。
趣味や生活スタイルでも用途が変わってくるし。

そんな中、興味を持ったのが外車の、ワーゲン・パサートヴァリアント。
ボルボと同じくらいの大きさ、形で、なおかつ燃費良し、性能良し、エコカー減税対象車!!

一方、ステーションワゴンにこだわらないで、見た目を考えた時
あ、可愛い!と、まさに直観的に思ったのは、プジョー3008。
猫バスみたいな愛敬のある顔に惹かれた。

ということで、実際乗ってみることに。

まずはプジョー。

車2

今までより目線が高くなり、新鮮!ブレーキの効き具合が半端無く良い。←当たり前かしら?
内装は「飛行機のコックピット」をイメージしたそうだが、
運転席と助手席の仕切りの幅が太くて高い位置にある。新幹線のグリーン車の肘置きみたい。ずっと乗ってたらどうかな?狭く感じるかな?
見た目は・・・やはり可愛い。
街乗りにも向いていると思う。
ただし、我が家のガレージには、なんとか入ったが、ドアの開け閉めに気を使う。壁に擦れそう・・・

続いてワーゲン。

車

広い!内装も高級な感じがある。
アイストップ機能もあり、時代に合った性能。
走りは、3人乗ってるだけなら問題なし。ただ、アウトドアで荷物が多い時や、山道はどうか?
標準装備のタイヤは特別仕様で、パンクに強いそうな・・・。興味が湧いた。
ただし、プジョーの時のような新鮮さはもちろん無い。
その代わり、運転はすぐ慣れるはず。
見た目は・・・さほど個性は無い。

両社に見積もりを出してもらったら、ほとんど同じ金額になった。

悩ましい。
あまりにも両極端だから。

A男:ぐいぐい引っ張ってくれる頼れる彼。でも時に強引で勝手なところがある。
B男:とても優しくて、癒してくれる彼。でも時に優柔不断で頼りないところがある。

あ~どっちもそれぞれ良い所があるんだもん。どっちにしようかしら??私悩んじゃう~☆

・・・って、アホか!

ところで、今日は昼前から出かけて、19時頃まで試乗、見積もり、検討を夢中になってしていた。
そういえば・・・朝から何も食べて無い。

今日の結論。

相棒選びですから、じっくり検討したいと思います。

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く