アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

自慢の友人です

鎌倉時代(1192年ではなく・・・もうええって?)からの幼馴染が大阪に来た。

中学時代、特に仲良しだったメンバーの1人で、アーティストである。

昔から絵が上手で、優秀だった彼女だが
本当にアーティストの道へ進んだ。

ちなみに、その頃の友人に、もう一人イラストレーターがいて、彼女は私のボイスサンプルCDのジャケットを手掛けてくれている。

さて、今日遊びに来てくれた友人、来阪の目的は
オープンしたばかりのJR三越伊勢丹に行くためだ。
というのも、彼女の書いた絵と、彼女の作ったオブジェ?が飾られているから。

やはり、展示されて初めて完成するものだものね。
是非、現地で見てみようということである。

4階の婦人下着売り場。

しぶ

 お客様の接客デスクの後ろの大きな壁に、3枚の絵が飾られている。
長さは・・・150センチくらいあるかな?
お客様が座ったら、ちょうど見える位置である。

彼女らしいタッチだと思った。

そして、今度は地下のシューズリペアコーナーへ。
こちらはオブジェ。

しぶ2

なんと、靴のブラシなどを使って、まるでお菓子のBOXになっている。
靴を愛する人にぴったり。可愛らしさもあって、待っている時間も楽しそう!!

しぶ3

お店の人に、写真撮影の許可を取って、彼女が作ったんです!!と、余計なお世話の一言を言う私(笑)

さぞかし恥ずかしかっただろうが、
「とよこを連れてきて良かった!1人じゃ写真取れなかったよ」

あは。お役に立って良かった良かった。

自分にはさっぱり無い才能を持つ友人たち。
本当に自慢です!

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く