アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

魂に響く

昨夜は花火のあと小料理屋さんで飲み、その後もなんだかんだほぼ眠らず朝を迎えた。

日が登った頃からようやくうとうと。

けだるい朝は贅沢だなぁ。と思う。

昼過ぎになってようやく通常モードに戻り、着替えて待ち合わせ場所へ向かう。

写真はアップできませんが、今日は家族で梅田阪急百貨店でお買い物なのであります。

いや、家族というのは設定としてであり、ほんとは家族ではありませんが(笑)

爆笑の、良いショッピングタイムとなりました。

写真は決してアップできませんが。←あえて2回目

あー面白かった。

さて、夜はシーナさんのライブということで、その前にみんなで変態魚を食しに。

ここでは色んなサメが出てくるのですが、どれもこれも美味しくて驚きます。

サメ=美味しいもの!

と、洗脳されそう。きっとそれは間違いだと思います。

美味しいサメを美味しく食べられるように出してるだけなんだろね。

今日のサメもやけに美味しかった〜

そうかと思えば短角牛と山口のなんとか豚のミンチカツも激ウマ!

あー、美味しかった!

さぁ、いよいよシーナBAR に移動しますよ。

ライブの中でシーナさんも言ってたけど、このライブはほぼ私がけしかけたもの(笑)

スーパードライでのラテンセッションではもの足りなくて、シーナさんの演奏をがっつり聴きたくて。お願いした。

なので

「シモツマーナの都合の良いに開催する」

という贅沢な企画に(笑)

絶好のポジションに座らせていただき、バイオリンの音色に浸った。

ピアノも良かった。息もぴったり。

演奏曲は概ねタンゴやラテンジャズ。これまたシモツマーナの好きな曲ばかりで、もう幸せ過ぎ。

これらの曲を聴いていると、昨日命日だった父親を思い出し、滅多に感謝しないけれど、今日はすごくすごく感謝した。

私の魂に音楽というエッセンスを叩き込んでくれたのは父親だから。

ほんとに小さい頃からジャズ、シャンソン、タンゴを聞かされて育ち

高校生の時からタンゴバンドのライブの司会をさせられて(笑)

そのリズム感と旋律は私の魂を揺さぶるのだ。

そんな想いに浸っていたところに始まった次の曲が、、、

ヤラレター!

戦メリ。

もう、涙が勝手に溢れてきて、恥ずかしいのなんのって。

この週末はほんとに贅沢だった。

帰宅すると、山登りに行ってたほんまもんの家族が鱒の寿司をぶら下げて帰宅していた。

あんなにお腹いっぱい食べたのに、食べちゃった(笑)

贅沢のフルコースでした!

こちらの記事もぜひ

一緒に飲んでみたい人

食いしん坊先生

ハグ!

コメントを書く