アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

旅のシメ

釜石と言えば菊地のおじさんおばさん。

もう7年のお付き合い^_^

今回も大阪土産持参で突然の訪問(笑)

「いやーーー元気かい!下間さんどんどん若返ってるっけねぇー」

笑顔で迎えてくれる。

上がっていって、泊まってくれ、といつも言ってくれるけど、ついつい遠慮してしまう。

しかし、遠慮したらしたで

「みんなでなんが食べで〜」

と 無理矢理お小遣を渡されるヽ(´o`;

ごめんなさいー。

親戚の子のように甘えさせてもらう。

でも、お二人の元気そうな様子を見ると安心できる。そして、それが岩手訪問の大きな理由のひとつであり、これで気持ちよく帰路につけるのだ。

いつもうっかりBAR のために仕入れている、釜石シープラザの野村商店に寄り、お土産を買う。

特に「下間です」とも言わず見繕っていると

「いつもありがとうございます!」

店員さんが声をかけてくれた。

あ。さすがに顔覚えられてるのか(笑)

いえいえ、こちらこそいつもありがとうございます〜!

こんなやり取りも嬉しいものだ。

今回も山盛りお土産を買って、釜石をあとにした。

いつも大阪に向かうときの遠野の緑に癒される。

のどかだ。

そして各サービスエリアでご当地グルメを満喫しつつ、日本海に落ちる夕陽を見るのが好きだ。

安全運転で帰ります。←どの口がゆーてんねん!(笑)

牛タンハヤシライス。880円。うまし。

浅利とあおさの塩ラーメンと、ガリ鯖ご飯。

デブまっしぐら(笑)

こちらの記事もぜひ

湖北から湖東にて

Go to宮城!〜3日目〜

コメントを書く