アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

中毒的作家・西村賢太

先日、新聞で初めて芥川賞作家・西村賢太に興味を持ち、
西村賢太が崇拝する藤澤清造の根津権現裏とともに、彼の作品(写真中央)を体験した。

面白い、という表現が相応しいのか相応しく無いのか?
とにかく、得も言われぬ毒々しい文章で、あっという間に読み終わってしまった。

なんだこれ?

そんな感じの余韻。
全然幸せな気分にならない。もちろん感動もしない。

ただ、この頭のおかしい小説家の作品を、もう少し読みたいと思った。

追加で2冊買った。

西村

昨夜、寝る前にちょっと読もうとページを開いたが、今回もまたどうにも止まらない(写真左)

前回と同じく、いや、前回以上に最低且つ最悪な主人公が、汚い言葉で女を罵る場面などは
もう言葉を失い、ただ眉間にしわを寄せるばかり。
私まで薄汚れてきたようで、つい「ヘドが出るぜ!」とか言いたくなる。

それくらい私小説の中の西村賢太は非道な男なのだ。

あっという間に読み終わってしまった。

あ~嫌な気分。。。

そんな後味の悪さは、次第に「この人、ほんとはどんな人なんだろう?」興味へと変わる。

実体験しか書けない、と本人は言っているが、小説にするときは8割方フィクションになるという。

真夜中なのに、起きだしてネット検索を始めた。
生の西村賢太を知りたい、という好奇心は止められないのだ。

見つけた!

ゴロウ・デラックス1

ゴロウ・デラックス2

ゴロウ・デラックス3

ゴロウ・デラックス4

延々、これを見て、西村賢太を探る。
友達は1人もいない、というオジサンだし、収録中もワンカップ飲んで、タバコ吸って、下ネタもバンバン。
まあ、これは局側の意図もあるだろうが・・・

一方、小説の中ではたまにしか見せない、気さくな顔もある。
冗談だって言うし、ゴロちゃんとの会話は自然だ。

これが突然キレて、あのような悪態をつく最低男に変身するのかと思うと、人間不信!首をひねらざるを得ない。

でも、さっき、小説を読み終えたときの後味の悪さは消えて、
やっぱりこの人は小説家なんだ。あれはフィクションなんだ、と自分を納得させている私。

そして、もう1冊を早く読みたい。とワクワクしているのだ。
ヤバい、ハマってる?

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く