アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

才能の片鱗

たくさん教え子がいる中で、時折

おや。

と、思うようなキラリとした輝きを見つけることがある。

お試しでオーダーしたところ、思いがけず期待以上のものが出てきた、、、っていう感じ。

そう思うと、やはり先生の責任は重大。

「オーダーの出し方」の引き出しが少ないと、相手の能力を引き出せないってことなのだ!

こういうタイプには5番や10番、28番の引き出し。

ああいうタイプには3番35番44番の引き出し。

みたいな。

「工場で働いてる人で作業着なんだけど、この工場のことすごく詳しくて頭いいお兄さん」

たぶん、指導歴の中で初めてオーダーした「キャラクター」

そしたら、さっきまでの喋り方が驚くほど変わって

いいやん!!!

となった(´∀`)嬉しいなぁ。

キラキラ。

さて、今夜はうっかりBARのなんちゃって句会だった。

事前に投句してもらった時点で

おおー!

と、思う俳句があって

即座に特選が決まった。

良い句が生まれたなぁ。私なんかの凡句より数段良かった。

前から比喩のセンスが良いとは思っていたが、本業がアーティスト系だからかな。

私ももう少し勉強しなきゃ、と改めて思った次第(^_^;)

帰り道の月。

雲に隠れてながらも輝きを醸し出していました。

こちらの記事もぜひ

噛む理由

腹を決める

置き屋の女将的な?

コメントを書く