アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

大は小を兼ねる

私の口癖です。

でっかい表現してナンボ!

嘘っぽい小手先の喋りなんていらない。

という、荒っぽい指導をしております。

私も、かつて師匠に叩き込まれた基本の型かなと。

その師匠でさえ1時間の作品を語り尽くすのは至難の技。

それをやろうとしている知り合いの語り手がいて「ええええ!」みたいな。

しかも、お試しで、、、と言いつつ入場料を取るらしく。

「ご意見いただきたく」

と言ってるのに、入場料?おかしくない?

ある意味、すげーな。と思うので、見に行ってもいいのだけど、やっぱり時間が勿体無いから行かない(笑)

さて、今日からスタートした個人レッスン。

経験者なので上手い。けど、小さい。

こじんまりした喋りをなんとかしたくて、かなりの爆弾発言。

大は小を兼ねる!!!

でも。

彼は仕事できるわ。

もう1人の男性の生徒と一緒にレッスンしよかなー。刺激になりそうです。

さて、今夜も忘年会。

改めて思ったのは、セレブにはセレブの知り合いが増え、庶民には庶民の知り合いができる。

セレブになりたい人はセレブレベルの投資を惜しまないこと。

生まれ持った品格は変わらないらしいけどね。

こちらの記事もぜひ

奇跡の復活劇

コメントを書く