アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

忘れません。

今朝は1.17だったので、布団の中であの日のことを思い出してみた。

布団の中?!

失礼しちゃう。

だけど、あの日も私は布団の中だった。

西京極の自宅で、すごい地鳴りで飛び起きた。

ベッドの上から動けないほどの大きな揺れ。しがみつくしかなかった。

京都とは言え、断層の延長線上だったので凄かったのだ。

さて、24年の月日は流れ、あのとき、揺れが収まった後に一階のリビングに行って

「大丈夫?」と言い合った両親はもういない。

密かに、阪神大震災という大切な日に思い起こすのは、わたしを世の中に送り出してくれた両親のこと。

もちろん、直後は亡くなった方への思いや、自分の不甲斐なさが強かった。

しかし、、、

今は「あのときと違う」すべてが。月日の流れが。悲しみとともにのしかかってくるのだ。

26歳だった私は50歳になり

残りの人生をどう過ごすか?に思いを馳せている。

そんな中、たまたま今日は神戸での仕事。

三宮、元町、、、車窓の風景を見ながら手を合わせた。

夕闇の迫る神戸市の空もまた「思い出してね」と私に語りかけてくるかのようだ。

24年も経ったいま、こうして御縁があり仕事で神戸に来ている。

私たちはあの日の経験を無駄にしてはいけないと改めて思う。

しょーもない私の人生ではある。

小さな人間関係でくよくよしたり、喜怒哀楽で右往左往している。

しかし、一方で、私にできることは何だろう?いつも問いかけている。

余力が欲しい。

喪失感の中で、励まされて生きていく。

こちらの記事もぜひ

蜘蛛の糸

夢の中

初めてがまたひとつ

コメントを書く