アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

軽い女

個性豊かなメンバーとサヨナラのとき。

死ぬわけでもないので、私は特に深い感慨を持たず

またねー

くらいの挨拶をする。

ところが、相手はそうではないらしい。

「軽い!でも、それが先生らしい」

と言われた(笑)

個人的に交流を持ってはいけないルールの中、それでもある程度の信頼関係を築いてきたので、寂しさを感じてくれたようだ。

中には3年に渡り付き合った人もいる。

みんなどこかでまた会えたら良いね。

「大好き」と言われたのは嬉しくもあり恥ずかしくもあるけれど

元気をもらえたよ。ありがとうね。

さて

NATSの稽古はいよいよマイク立てての立ち位置や目線の配りなど立体的になってきました。

本番まであとわずか。

皆さんに楽しいひとときを過ごしていただけるよう頑張ります。

これ、絶対わたしに似合うやつやん。

そこのあなた。秘密だよ(笑)

こちらの記事もぜひ

私のための時間

98点

冒険したい!

コメントを書く