アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

才能の萌芽

萌芽。

これは、ひっそりと可能性を感じさせるときに使う言葉である。

今日、それに当てはまる人物に出会い

わ!楽しみかも!

と、なった。

折しも天神祭本宮。

遠く聞こえてくる祭囃子に乗せられて、ワールドが広がっていきそう。

才能の片鱗というのは、滅多に顔を出さないが、見つけた時にはその片鱗をもっと引き出してあげたい!という気持ちになる。

短所を早く改善させたい!と思う。

月イチしか指導できない立場なのが残念だ。

さて、仕事のあとは天神祭の喧騒から抜け出した。

予約困難なお好み焼き屋さんへ。

「お好み焼き屋ちゃうやん!」と突っ込まれたが、ほんとに美味しいお好み焼きだった。

しかし、常連さんは、来たときに次回の予約を入れるんだよね。そりゃ予約取れないわけだわ。

ところで、昨夜、天満宮で出会った引き牛の「秋男さん」

立派な体格で風格もある16才。

横に注意書きが。

「食肉には絶対になりませんのでご安心下さい」

はははは。そりゃ良かった!

そして、今日、天満宮裏を通ったら

こんどは引き馬さんに出会った。

後ろ姿だが、カッコいいホワイトホース!

君の行く末はどうなるのかな?

牛も馬も昔から人間のパートナー。

暑い中、ご苦労さま。

そして滅多に見られない天神橋筋の歩行者天国。

夏はこれからなのに、なんとなく秋のような青空が印象的だった。

こちらの記事もぜひ

鰻のキモ

自立

コメントを書く