アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

お洗濯

竹中工務店の仕事の中で
音の見える化を実現した音響シミュレーションシステムを体験したことがある。

このシステムの部屋の中では
世界各地のコンサートホールの音を体験できるという画期的なシステムである。

一日中この部屋で過ごしたい。

そんな気分にさせてくれる部屋だ。

さて、そんな竹中の粋を結集して出来たコンサートホールのひとつ
神戸新聞松方ホール。

ここで開催されたヴァイオリンとピアノのコンサートに行って来た。

コンサート

2階席の一番前のセンターは
このホールの中でも、特に音の迫力を感じられる席だそうだ。

確かに。。。
700名余りのホールだが、デュオにも関わらず、迫力ある音をつぶさに感じられた。

今日の演奏はヴァイオリンソナタ3曲だったのだが
特にブラームスはしょっぱなから気持ちがすっと入り込めて
もう、身体がスィングしてしまうのを抑えきれない。

情景が浮かんできそうな(間違ってるかも(笑))くらい気持ち良い演奏だった。

若干18歳だという少年のヴァイオリン。
テクニックが素晴らしいし、軽やかな音をもっと伸ばして・・・・って何様?(笑)
いやいや、既に立派な賞を取ってるけれど
人生経験を積んで、益々素晴らしい演奏を期待しよう☆

帰りはちょっと冷え込んできたが
命のお洗濯して、しかも心はあったか。

素敵な神戸の夜を有難う。

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く