アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

しゃっくり女神

今年の48HFP 上映会だった。

エドボリガイズは11番目の上映。

チームのみんなはもちろん、友達や仲間たちも観に来てくれた。

さて、他のチームの仕上がりは?!

ん?えぇ?なんやこれ。。。

正直、かなり微妙な、、、というか、意味不明の作品が続く。

チャレンジャーな作品もあったが、コンテストとしての評価には値しない。

お題をクリアできてない作品もあり、もったいないなぁ。と。

後半に入り、ようやく観られる作品が少し出てきて、、、からの〜

いよいよエドボリガイズ!

私の役は女神のボスで、冒頭のナレーションも担当。

どんな風に完成したのかな?

果たして、、、

面白かった!

爆笑レベルではないものの、ストーリーがしなやかに展開し、お題の水筒の使い方も良い。

同じくお題であるシモギクフミカという役名は私であり、主役の女神の姑の設定。これがまたうまくクリアされていて

「今はこれくらいで良いでしょう」

このお題セリフも私が言うべき展開の中で発言。

これまでのエドボリガイズ作品では、こうしたお題クリアができていなかっただけに、こうも美しくはめられたことに感激した。

やればできるやん!(笑)←上から?

もう1チーム、面白く仕上げていたところがあるが、どうかなー。ちょっと例年よりは捻りとお題の使い方が無理矢理だったかな。

とにかくエドボリガイズ!面白かった!良かった!

上映会のあとはみんなで宴会。

さらに半分ほどのメンバーで2軒目へ。

と、そこで起こったのである。

ひゃっ

ひゃっ

いやーん!ひゃっ!しゃっくり〜ひゃっ!

かれこれ何年ぶりだろう?しゃっくりが止まらない。

おまじないを試すが

ひゃっ

滑稽な姿を見て、みんなが笑う(T . T)

とまらなーい!ひゃっ!

ようやく止まったのは、やはりあの方法だった。

すげーなー。効果てきめん。

そして、あんな飲み方で水が実際に飲めることを今日知った(笑)

コップの手前ではなく反対側から飲む!

女神様の滑稽なワンシーンで楽しい夜の幕を閉じましたとさ(笑)

こちらの記事もぜひ

責任感

恥さらし

なりたくない職業

コメントを書く