アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

復耕の記録

昨夜は結局、長電話のあと、色々と作業をしていて
寝たのは4時を回っていた。

7時半に目覚ましが鳴ったものの、身体が起きることを拒否する。

今日は午後からだし・・・

寝よ!

結局、電話やメールで何度か起こされたのだが、
11時までたっぷり眠って、なんだかすっきり~(o^∀^o)
元気になったぞ~!

ところで
夕方からはボランティアナレーションをしてきた。

遠野まごころネットがお手伝いした、陸前高田の上長部町復耕の記録DVD。

復耕

事務局の方が記録写真を編集し、テロップをつけて、BGMを入れて20分くらいに仕上げていたものなのだが
それを12月に遠野に行ったとき、事務局の方に頼まれて
一緒に行ったディレクターさんが再編して12分くらいの長さにして、
私がナレーションすることになったのだ。

作品を作った事務局の方の気持ちはいたいほどよくわかる。

あの日もこの日も、あの人もこの人も、
みーんな想いが深いから、全部の写真を使いたいっておもうから。
だから20分の長さになってしまうのだ。

でも、見る側からすると、確かにちょ~っと長いかも?

で、第三者であるディレクターさんが、
勇気を振り絞ってカット、カット、さらにカット!!

それでも・・・

「ここなあ、、きっと思い入れがあると思うんだよなあ。。。切れない。」

それに、テロップを全部ナレーションするわけにもいかない。
めっちゃ長くなるもん(汗)

で、意を決して・・・ごめんね!カットします!ここも、カット!

スタジオの人にももちろんボランティア参加というスタンスで協力してもらう。
年賀メールに
「僕で良ければお手伝いしますから」
と書いていて、
飛んで火に入る!!ってな感じで、さっそくお願いしたのだった。
とにかく、みんな、できることは協力しましょう、なのである。

ボランティア協力者

さあ、いよいよナレーションの録音が始まる。

12分のものだが、トチッたのはなんと1回だけ☆
これ、自慢したいわけでなく、トチラない理由を実感したので書いた。

トチラないときの要因

①仕事じゃないから気分的にリラックス

②体調が良かった

③頭で読まず、心で読んだ

③については、わかる人にはわかると思う・・・。

とにかくスムーズに終了したのだが
ディレクターさんとしては、さらに10分以内にまでまとめるショートヴァージョンを作りたいそうな。
うん。
長いのは、DVDとして販売するのにはいいけど、
何かイベントとかで流すには短いほうが便利だもんね。

ところで、
ナレーションしていて、何度見ても泣けてくるシーンがあった。
別れを悲しむなどの冷たい涙ではない。
友情が生まれるシーン。

ああ、いろんなことが起こってるんだなあ。
悲しいことばかりではないから救われる。
記録って、大切。

お手伝いできたことに感謝です。

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く