アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

アートが懸け橋

まごころ*花プロジェクトの森祐子さんと電話でお話しした。

シュシュの件だけでなく
今回のイベントでは森さんにご協力いただいている。

なんと2日間とも大阪へわざわざいらしてくださって
ワークショップを開催してくれるのだ!!

シュシュのポイントのひとつであるクルミボタンを使ったブローチ。

これをまごころネットのブースのアート部門

「アートが懸け橋。GIFTで笑顔を届けよう!」
のコーナーで実際つくってもらえる。

かわいいイラストのクルミボタンを自分で作ってブローチに。

子供も大人も楽しんでもらえそう!

そして、まごころ*花グッズの フェルトのヘアゴムのお手伝いも同じ場所で募集する。

ヘアゴムに使っているゴムの部分は金具をセットして輪っかを作る手間があるのだが
それをこの会場で手伝ってもらって
協力してもいいよ、という方には自宅でもボランティアで作業してもらっちゃおう!という企画なのだ。

そして、このコーナーのメインイベントは

アーティストの作品をお客さんに買ってもらって、なおかつ、大阪に避難している被災者の方々へプレゼントもしてしまおう!というもの。

支援物資はそれなりに配布されていても、ちょっとした心を潤すグッズはなかなか無いそうで、
笑顔になってもらえるようなグッズをプレゼントしたいと思ったのだ。

500円均一のアートグッズをお客さんが自分のために購入。

すると、オマケのような形で、もう一個もらえる。

そのオマケを、お客さんからのプレゼントとして避難者の方に贈る。

後日行われる避難者交流会の会場で、集まったプレゼントをお渡しする。

こういう企画なわけだ。

私の説明、下手だから森さんのブログ読んでください(笑)

で、このアートが懸け橋のブースの看板作りを昨日今日と行って
なんとか仕上がった。
学生のように

アーティストの皆さんから提供していただく作品は、徐々に集まってる感じ。
全国から(なんと屋久島からも!)届いていて、

届いてます

締め切りまであと4日あるので、ここからが勢いづくと思う。箱いっぱいになるかな?

500円。。。(オマケがつくから実質1個250円)
っていっても、絶対500円レベルのものじゃないよ!!

買う人も、もらう人も、贈る人も喜んでもらえるといいな。
アートがそんなみんなの懸け橋になりますように。。。

商品の一例はこちら

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

コメントを書く