アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

冬活

朝、宿の食堂に行くと、、、

ウキャー!なんて可愛いお姿♡

朝からほっこりするわ。

昨夜から雪が降り続いて近辺のスキー場は軒並みグッドコンディションになったらしい。

ということで、選び放題の中、1番近い高鷲スノーパークへ行くことにした。

1年ぶりのスキー。滑れるだろうか、、、(^_^;)

果たして!

お陰様でパウダースノーを満喫できた〜

ボーダーは多いが大混雑でもなく、家人に時折アドバイスしてもらいながら滑る。

後傾姿勢になりがちだったのも改善された。

あら?これは雪質のせいかしら?

いや、もしやの加圧トレーニングのお陰で多少の筋肉量アップのお陰かしら?

年イチで、しかも年齢は重ねているのにほんの30分で上達するかね。

と、嬉しくなった。

とはいえ、昼ごはんにアルコール(雲海ハイボール)を摂取した瞬間、もうほぼやる気は失せて(笑)

13時30分には上がって福井に向かうことにした。

今夜はチョー楽しみな寿司活が待っているのである。

ホテルの大浴場でさっぱりして、予約していた寿司屋へ。

狭い店内はお客さんがびっしり!

まずは刺身の盛り合わせ。

そして、地物のおすすめのネタをつまみでもらいながら福井の日本酒スタート!

隣に座っていた若い夫婦の旦那さんが

「ナマコ食べたい」

と言うが、嫁は「ナマコはなぁー」としぶっていたので

良かったらどうぞ。

と、私たちのを分けてあげた。

あ、頼まないぶん、他のものを頼んでね。大将に悪いから(笑)

そして、あちらはお礼にと「のれそれ」をくれた。

というやり取りから、その夫婦と喋りはじめ、さらに逆の隣の女性客が地元の常連さんで

「ここに来たら絶対頼む」という蟹グラタンを教えてもらい

では私たちも!

まさかの洋風メニューなのだが、確かにめちゃくちゃ美味しい。

セコ蟹の卵のプチプチした食感と、濃厚な蟹のエキスたっぷりのホワイトソース。

大将も

「たぶん日本一美味しい蟹グラタンだと思う」

と、豪語する。

ほんとに日本一かも!

これ、ワイン欲しいやつやーん!と私が言うと

「ワインもあるよ。フランスのブルゴーニュ」

ええええっ!この店にワインまで!!!

実は大将はもともとフレンチのシェフだった(笑)なぜ寿司屋に転身したのだ?!

やばい。この大将、変態系や!

 

寿司ももちろん美味しく

蟹の軍艦は、セコ蟹の卵も乗った逸品!

ガス海老も甘くてとろけるし、なんとも幸せ。

写真には無いが、へしこや、塩ウニも、なんと若狭牛のヘレステーキまで頼んで隣の夫婦と酒を酌み交わし

それはそれは楽しく美味しい宴となった。

その間、終始新しいお客さんがドアを開けては

「いっぱいや!」

電話鳴って

「すみません、今無理です」

予約しておいてほんと良かった、、、。

この寿司屋はとっておきになったなー。

福井はなんにもない場所だけど(笑)わざわざこの店に来ても良いかも。

ちなみに、お会計も素晴らしかった。

2軒目はオーセンティックなBAR。もう2.3杯いきたいところだったが、控えめにして、あとは部屋飲み。

あー旅行ってほんと楽しい。

こちらの記事もぜひ

湖北から湖東にて

Go to宮城!〜3日目〜

コメントを書く