アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

相性

声にも相性というのがありまして。

京阪のコンビである先輩と私の声は
相性が良いのか、一緒にひとつのナレーションを担当することも結構あります。

先輩の甘くソフトな声と、
私の太い声。

ほんまに合うのか?(笑)

それにしても
ディレクターも先輩もミキサーさんも
みんなして私をいじめるので
なんだか負けんとこ!という気になって

今日は勢いで長いナレーションを語りつくす。

さて、
疲労困憊のわたしを癒してくれたのは
仲良しのMちゃん。

久しぶりに一緒にご飯。
でも例の先輩Mさんが参加して3人であーだこーだ言い合い楽しかった。

まじめな話

ナレーションでは日本語の意味や接続詞にこだわりのある

ご紹介します

Mさんと私。

それをいかにうまく正すことができるか?

似ている二人の課題も浮き彫りになった。

さー、明日もがんばろう。
自分のできること。
明日、自分ができるかもしれないこと。

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く