アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

わらしべ長者

わらしべ長者という昔話を知っているだろうか。

知らない人のために
簡単なあらすじをご紹介。

昨日、ワインをいただいた。

それは先日、私に誤って白ワインをぶっかっけた人からのお詫びの白ワインだった。

ワインでずぶ濡れになったワンピース。
でも・・・自宅でエマールで洗っただけなのに。申し訳ないなあ・・・

クリーニング代を払おうとするのを断ったが
結局、クリーニング代より高くついてしまった気がする。
すみません。。。

さて、一方・・・

先日の3.11のイベントで、アーティストの方に提供していただいたグッズ。
その中で、
「気に入ったから是非買っておいてほしい!」

と友人に頼まれ、代わりに購入。
そして、それと一緒にもう一つ、彼女が気に入っていたストラップをくっつけて送ってあげた。
彼女は東京に住んでいるのだ。

すると・・・

今日、彼女から御代金代わりにプレゼントが届いた。

わらしべ

え~~~?!

うん倍にもなって戻ってきた代金。
MOETのシャンパン。

かえって気を遣わせてしまった!

しかし。である。
昨日も今日も、私の大好きなワインを頂戴し、
しかも、わらしべ長者ばりのぶつぶつ交換ではないの。

こりゃ、ついてるね。うっしっし。

あかん!こんな越後屋系の笑い顔、神様の罰があたるわ!

と思っているのに、頭が悪いことばかり考えてしまう。

というのも・・・

夜、大阪市内の西のほうにある、某天然温泉に行くことにした。
玄関に出ると、隣のゴールデンレトリバー「ゴンちゃん」がちんまりとドアの前に座っている。
ゴンちゃんがおとなしく座っているのは珍しいので
思わず

「ゴンちゃん!どうしたの?良い子だね~」

久しぶりにナデナデしてあげた。

するとゴンちゃんが私の脇の下あたりに顔を突っ込んできてフガフガする。
ありゃりゃ、またいつものゴンちゃんに戻ったな~

と思いつつ、許してあげていると・・・

あ!!

なんと、私が今から使おうとトートバッグに入れていたタオルを
ゴンちゃんがくわえているではないの。

そこに隣のおっちゃん登場。

「あ!ゴン、あかんやろ。離しなさい。」

「ゴンちゃん、返して。よだれべとべとやん。今から使うのよ。」

しかしゴンちゃんは何故か私のタオルを離してくれない。

「こら、ゴン、離しなさい!」

「ゴンちゃん、お手、おかわり。はい、ワン!」

お手とおかわりはやるのに。ワンとは言わない。
どうしてもタオルを離したくないらしい・・・

「もういいや。あげます。そのタオル。ゴンちゃん、いいよ、あげる!」

「すみませんねえ・・・」

とまあ、こんなことがあったのだけれど。

もしや、今の私のわらしべ長者っぷりとなると、
このタオルが明日以降、大きなものに化けるのではないだろうか?

という、イヤラシイ想像(笑)

正直者の男がいつの間にやら長者の娘婿に。。。。

楽しみ?

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く