アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

何度聞いても。

第一印象で気が合うかどうかわかることがある。

大体においてその直感は正しかったりするので
第一印象はとても大事だ。

仕事帰りに知人のブティックに買い物に行った。
プレセールのような形だったので
知らない女性も一緒に。

年上の方だけど、とても喋りやすくて、あ~合いそう。そう思った。

帰り際に、その方が
私の持論と同じようなことをおっしゃった。
そのうえで、
今度遊びに来てね。と誘ってくださったところをみると
同じく「合いそう」と思ってくれたらしい。

洋服を選びながら楽しいひとときを過ごす。
ついつい予算オーバーしちゃったので、また頑張って仕事しなくちゃ(笑)

夜は久々の落語。
桂春若さんと桂千朝さんの二人会である。

繁盛亭

春若さんの個性はそこそこ承知していて
とくに好きなのはアホな小僧のキャラと女性のキャラ。

一方、千朝さんは初めて見せてもらったのだが
これまた味があるんだな~。ちょっとおっとりした感じだけど、力強い口調。

春若さんの「天狗裁き」は何度も見ているが、やっぱり面白いのだ。
面白い落語をご自分の世界で作り上げてるんだろうな~。
間合いが。さすが!

千朝さんの「蛸芝居」は初めて見る1席。
こちらもめちゃくちゃ面白い話だし、歌舞伎もそれなりに見たことがあるので
情景が目に浮かぶようだった。

なんちゃって、たまーにしか落語見ないし、わからないけど、
とにかく落語って不思議なことに同じ話を何度聞いても面白い。
観客を引き付ける噺家さんの喋りは
本当にすごいと思う。

ところで、
「何度聞いても」
と言えば、
何度読んでも理解できないのが株主総会の内容。
この時期、ナレーターなら何社か頼まれるだろう、株主総会の報告書のナレーション。

難しいのよね・・・(笑)
何度聞いても、特殊な読み方とか、アクセントとか、忘れちゃう!
私、頭悪すぎ!

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く