アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

舌が覚えている。

かれこれ10年くらい前になるのだが

レギュラーの仕事の途中で、よく行っていたランチの店があった。

定食レベルのお値段なのに
とても凝った料理で、美味しくて、大好きだった。

その料理を作っている人が、お店を出すため、そのお店を引退すると聞いて
ずいぶん残念に思ったものだ。

お店を出す場所は、なんとなくわかっていたのだが
そこを訪ねる機会なく、月日は過ぎた。

さて、
最近になって、
仕事でも俳句でもお世話になっている男性が
よく行くお気に入りのフレンチがあると聞いたとき

もしや?と思った。

個性が。
私の舌の記憶と合致したのだ。

そして、今夜、その方に連れて行ってもらったお店。

「もしかして、あそこでお店やってませんでした?」

「それ、わたしです」

やっぱり!!!!

今日も、お任せで出してもらった料理をいただきながら
似てる。似てる。と思っていた。

勇気を出して聞いてみたら、やっぱりそう。
うれしい!

「懐かしい方にきてもらったので」

と、あちらもそれなりにうれしかったようで
サービスのお酒も出していいただいた。

ほんとうに美味しいこのビストロ。

またこれからリピーターになろうっと。

BOF1

BOF2

BPF3

BOF4

こちらの記事もぜひ

♡のマーク

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く