アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

朗読が繋ぐ

いま、私の作った短編を利用して朗読を教えている。

毎年恒例で、この時期に取り組んできた。

短編はところどころ虫食いになっていて、自分の好きな設定で好きな台詞を入れられる。

どんな設定にするのか?みんなからアイデアを聞き、ブラッシュアップして、表現していく。

今日は先週よりみんな精度があがり、面白くなってきていた。

同じネタを何度聴いても、精度がアップすると面白く聴ける。

これは落語と同じことで、何度聴いても面白いし、人によって変わるのも面白いものだ。

生徒たちはその「変わってゆくさま」を含めて、いよいよ

「朗読って面白いな」

と、感じてくれているように見えた。

そして、それが確信できる素敵なことが。

私のホームページから問い合わせメールが届いた。

数年前教えた生徒さんである。

今、朗読が大好きになり朗読の活動をしているが、私に教わったことが自信に繋がっていると書いてくれていた。そして、ぜひ次回のイベントにご招待したい、と。

みんなで工夫しながらやった朗読会が生かされてる。

先週末にclubhouseでやった「手袋を買いに」は、声優・ナレーターの先輩からすごく褒めていただけて(≧∀≦)

方向性は間違ってなかったのかな。と安心した。

clubhouseであろうと舞台であろうと、とにかく聴いてる人がそこにいる。そんな気持ちでお話の世界を伝えたい。

今週は「蜘蛛の糸」

聴く人に臨場感を持ってもらいたいんだよなぁー。耳だけ、というのが難しいところだが。

せっかくの朗読ブーム(?)大切に育てて、次の世代に繋げていきたい。

気づけばフォロワーが777のゾロ目!

なんか良いことありそな予感。

 

こちらの記事もぜひ

今どきの出会い方

浮気心

身体は正直

コメントを書く