アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

取り戻す

昨夜は夜中過ぎに旅から帰ってきて
ふらふらになりながら、とにかく放ったらかしていた家のことをやり、
今朝は早朝から洗濯三昧(笑)

でも、朝からワクワクだった。

語座の稽古だったのだ。

8年も学んだのに錆び付き始めていた私の語りを
もう一度蘇らせるにはどうすればいいのか?

新しい作品に取り組むにあたり、
まずは初心にかえって・・・・試行錯誤。

「取り戻してきたね」

師匠の言葉を聞いて胸をなでおろす。

「そこは驚きが欲しいね」

うんうん、確かに。
では・・・・こんなかんじ?

師匠の演出指導が心地いい。

あー。作品と向き合うって、なんて楽しいんだろう。
でも、舞台の前になると苦しくて苦しくて仕方なくなるのよね。。。。

そんなときもあったけれど、今はまたこうして学べることが小さな一歩に繋がると思える。
まさに初心だ。

稽古のあとは、ちょっと真剣に取り組んでいる案件をこなし、
またもや勉強させてもらえる有難いチャンスをもらった。

スペシャル

細かいことは書けないが
師匠の表現を目の当たりにできて、
自分もまたそれを参考にできるチャンス。

旅のモードから一気に仕事モードへ。

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く