アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

思春期?

兄の一周忌だった。

死んでしまったのは27日なので、
一周忌の法要自体になんの感慨もない。

暑い中電車で京都へ行き、
途中で黒のストッキングを買って履いたら、お寺に着くなり破れてしまった。
さらに喪服のワンピースのすそをひっかけて、まつってある裾がほどけてしまい
敗れたストッキングを履いた裾のだらしない、汗だくの汚らしい女。

自分で自分が嫌になる。

それでも、久しぶりに千葉から出てきた甥っ子や姪っ子の顔を見ると
ちょっと落ち着いて、
みんなからすると、いつも元気な都代子姉ちゃんであるべきだから
姿勢を正さねば、と思ってしまう。

一方、姉の子供のK君(小学6年)は相変わらずおぼこい。

千葉の従兄弟たちと久しぶりに会ったので、ちょっと照れてしまったらしい。

法要のあと、会食の席へ向かうとき・・・

「なんか何話していいかわからんわ」

「久しぶりだから?」

「うん」

「照れてんの?」

「まーそやな。なんか照れるとカッコつけて低い声になってしまうねん」

「あははは、そうなんだ」

「なんか聞かれても、ハイソウデスネー(声を低くして)とか声が変わってしまうねん。
でも、声低くしたら、声変わりした!とか思われても嫌やしな。」

「声変わりしてないの?」

「してへんわ!!」

「でも、ちょっとハスキーになってきたで~声変わりちゃう?」

「してへん!!あーああーー(いきなり裏声で歌いだす)ほらな!」

「あんまり出てないやん。声変わりやで」

「してへん!だいたい、まだ思春期にもなってないし」

「(*≧∀≦*) 爆!」

あー可愛い。K君大好き。

会食は恒例「美濃吉」でした。

美濃吉1

美濃吉2

美濃吉3

こちらの記事もぜひ

会いたい人

ラッキーを呼ぶ爪

コメントを書く