アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

入口にたどり着いた日

今日は月に1度の語座の稽古。

待ってました~!

もう、最近はサビ落としに必死(笑)
簡単に言うと、声出す!それだけ。

実は今日は今ひとつ喉の調子が悪かったのだけど
師匠の指示を、いちいち考えこまないでとにかくやってみた。

学校で教科書を読むように正しく。
次はムードや感情を乗せて朗読。

で、最後に
「事実をありのまま聴いてる人にしっかりと伝えてみて」

ん?今更?感情入れないの?

と思ったけれど・・・
こんな感じ???やってみる。

「今の。それが読語りの入口だよ」

はい?(@_@;)

後で聞いたのだが、
「入口」と聞いた瞬間、相当びっくりした表情をしていたようだ(笑)

①まだ入口に立ってなかったのか・・・
②最後のは語ってたつもりがなかった・・・

こんな理由で驚いたわけです。はい。

もちろん、あくまでも入口なので、語るということの元の元だったのだけど
こっからだよ、こっから。

今日は他のメンバーも、それぞれの入口に立った人が多く・・・
例えば、
自分の声はこの声だって入口とか
入ってたドラム缶の蓋を開けたとか
緊張していた気持ちをようやく解放したとか

みんなの変化を目の当たりにして「お~~~!」と思う。

そんでもってまた浮き彫りになった自分の課題。
クリアできない壁・・・。

ランチしているとき、急に雨が降りだした。
ビルの29階から眺めると、遠くの山々が霞んで見えた。

雨

でも、
ランチが終わる頃には青空が大きくなり、稜線がくっきり。

私の課題も
こんなふうに青空がす~っと広がってくると良いな。

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

仮面舞踏会

コメントを書く