アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

思わず長居したくなる店

たぶん、親戚の中で、私はわりと珍しいタイプの・・・

それは私の職業の話だが、

珍しいタイプの人がだろうと思う。

でも、私からすると、
私には全く才能の無い、また、興味のないところの分野で活躍する親戚もいて
そういう人をとても尊敬してしまうのだ。

まず、留学する人に感動する。
私は旅行こそ好きだが、しばらく住みたいなどとは全く思わない。

ある親戚の一家は、そういう人が多く
留学したり、仕事で海外に行ったり、
アメリカに永住してしまった人もいて、すごいな~と思う。

一方、違う一家の従兄妹はというと・・・

兄はパン作りの修行をフランスでして、京都に店を構え
妹はオーストラリアに留学して、国際結婚して永住してしまった。

その、兄の方のやってる京都の店というのがなかなかの人気店で、雑誌にもなにかと掲載されるほど。

今夜は京都に行ったついでもあり、そこへ立ち寄った。

カフェ kocsi

もともとお洒落な人だが、やはり店内も洒落ている。
若者のあいだで「ゆっくり過ごすことができる」と評判だそうだ。

カフェkozsi

自慢のパンはモチモチ。
パテやラザニアも美味しい。

カフェkocsi3

カフェkocsi4

雑誌やら文学小説やらが並んでいて
一人で来店しても居心地良さそう。

カフェkocsi2

セットメニューも京都にしてはリーズナブルだと思うし。

彼も去年、被災地でボランティア活動した経験があり、
試しにサンタの募金箱を置いてくれないか?と話したらすんなりOK。

なんだか親戚に同じ考えを持っている人がいて、なおかつ協力してもらえるって、嬉しいものだね。

帰りに試作品のシュトーレンをいただき
一足早いクリスマスプレゼント。

被災地で配るクリスマスプレゼントの募金箱は
是非、こちらのお店で。

こちらの記事もぜひ

桜の別れ

玲子叔母さんへ

仮面舞踏会

コメントを書く