アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

恥じらい

今夜はお友達のミーボーのJAZZライブがあったので
梅田に繰り出した。

ミーボーは可愛くて優しくて歌もうまくて素敵な女性だ。

最近ゆっくりJAZZを楽しむことが無かったのでめちゃくちゃ楽しみ!

音楽好きの友達を誘って待ち合わせしたのだが

・・・とその前に。

今度クリスマス会で着るサンタの衣装を見に行こう!

激安の殿堂ドンキにはいっぱい衣装が並んでいるのは知っている。

友達に付き合ってもらい←一人で見てたら変なオバハンっぽいもん。

品定め。

うーん。
あれも。。これも。。

ありえない!!

サンタ

やっぱこれは私が着たらあかんやろ( ̄▽ ̄;)

友達は自分が着るわけでは無いので

「これがいいんじゃない?」

・・・・ウサギの耳とか付いてるし。

「こっちは?」

肩むき出しだし・・・・

でも、ずっと眺めてると、だんだん麻痺してくるのか
いっそ、あんまりフワフワの白いのが付いていなければ、似合うような気がしてきた。

で、思わず

「    」

結局、買わずじまいだったヽ(;▽;)ノ

さて、肝心のミーボーのライブ、素敵だった~?
ミーボーならミニスカサンタでもきっと可愛いだろうなあ。←やっぱりそこがポイント(笑)

ライブ

クリスマスソングも交えて歌ってくれて
お店の雰囲気もかなり良くて。

ライブがある日は水~金だけど
他の日もゆっくり大人の時間を過ごせそうな店です。

ベースとドラムの方はJAZZ for 東北 のお二人。
夏に岩手のお祭りでも出演していた、被災地ではおなじみの方。

音楽で人を喜ばせられるって、本当に素晴らしいなあ。

拍手をもらって、でも、お客さんを幸せにできるんだもんね。

「語りの舞台で拍手もらってるじゃない」
友達は言ってくれるけど、歌で贈れる幸せな感じとは全然違う。

あーでも、ミーボーのお陰で、今夜はとても穏やかです。

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く