アルトの世界

ナレーションと語り*

MENU

裏声日記

歌って踊って抱っこして

昨日から岩手ではサンタ100人の本番がスタートしている。

一方
こちら関西でも、サンタ100人@関西が行われていて
今日がその4回目、京都での開催だった。

場所は京阪伏見桃山駅近くの保育所。

避難している被災地の子供と、地域の子供、30人ほどのクリスマス会での活動である。

集合したサンタは10名。

小さい子は泣いちゃうかな?

先生の合図でサンタが登場すると
半分は喜び、半分は固まった(笑)

無理やりテンション上げて、「メリークリスマス!」

どうなることやら・・・( ̄▽ ̄;)

保育園のある大手筋商店街にはサンタのオブジェが沢山飾られている。

「おかしなサンタさんがいるから皆で探しにいこう!」

ということで、サンタと一緒に商店街をお散歩。

サンタ

サンタ2

道行く人に面白がられて(サンタがウロウロしているから)多少恥ずかしいものもあるが
ここはもう子供たちと楽しく散歩したい一心。

最初は手を繋いでくれなかった子が、散歩の帰りにはギュッと手を握ってくれて、
ニコッと笑顔をくれる。
あ~めっちゃ嬉しいやん?

サンタ100

そして、保育園に戻ると、皆でゲームしたりお遊戯したり、歌ったり。

ゲームのご褒美は「サンタさんに抱っこしてもらいましょう!」

へ?そんなのご褒美になるの?

と思ったら、子供が2人しがみついてきた。

よっこらしょ~!

2人を抱えたり、
一人を持ち上げてみたり。

予想外の肉体労働だぞ・・・(^_^;)

抱っことか、ギュッとしたりとか、そういうの、子供はまだまだ嬉しいんだね。
いつもはニャンコに膝を奪われるけど
今日は座ればすぐに膝に乗っかってくる女の子がいたりして
不思議な気分。

っていうか、わたし、子供にあんまり好かれないと思ってたから、意外だったかな(*´∀`*)

最後はサンタさんからプレゼント。

あっという間の2時間だった。

やっぱり自分が楽しんじゃう。
誰かのためにとかって、本当にあとからついてくるんだよね。

楽しませたい、という気持ちが
いつの間にか楽しませてもらった、って感謝に変わるのだ。

エンゼルネットのみなさん、ありがとうございました。

いや~筋肉痛、もう出てますヽ(;▽;)ノ

こちらの記事もぜひ

持ち込み営業

桜の別れ

コメントを書く